VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

群島と沿岸エリア

子供たちの群島

フィンランドの群島の海には50,000の島や小島があり、そのほとんどに1年中人が住んでいます。トゥルンマー群島の島の一つ、ロサラには140人が暮らしています。 コミュニティーの絆は深く、地元の学校の生徒は8人だけです。子供たちの環境にはまったく制約がありません。子供たちにとって、群島は果てしなく可能性が広がるパラダイスです。発育期を群島で過ごすということはどういう感じなのでしょうか。11歳の少年ヨハンの案内でロサラの子供たちと1日過ごしてみることにしました。ヨハンから群島の旅のヒントも聞きました。 …

もっと読む
フィンランドの木造建築の街

たくさんの森があるフィンランドでは、前世紀までほとんどの建物が木造でした。田舎には、今でも街の建物すべてが木造建築の地域があり、何百年にもさかのぼる昔のままの雰囲気が感じられます。そんな街を訪ねてみると、フィンランドの歴史が保存されたタイムカプセルの中に入ったような気分がしてきます。

もっと読む
フィンランドの夏の味

寒い冬の間は、温かいシチューが なんともありがたいものですが、夏は軽くて新鮮、簡単に料理できるものが好まれます。フィンランドの寒い気候のおかげでゆっくり時間をかけて成熟して味が凝縮された産物が手に入るのです。晩夏のベリーから、春の新じゃがまで、ピュアで独特の味が楽しめます。 サマーコテージでのシンプルな生活と身近にある自然が、新鮮でシンプルな地元の味を楽しむチャンスを与えてくれます。

もっと読む
群島トレイルでサイクリングとスケートボード

冒険心が旺盛な スケートボーダーたちは、常に新しいスポットを見つけ、動画や写真を撮っています。 ビジュアルカルチャーでは、珍しい場所ほど、魅力が増します。6人のメンバーが、有名な群島トレイルを自転車で巡り、あまり知られていない魅力的なスケボースポットを探すとことにしました。   By Nikolai Alin 写真:Justus Hirvi   …

もっと読む
群島

Finland's coast boasts the world's largest archipelago. Old wooden towns, lighthouses, historical manors and stone churches, large national parks stretching over land and sea - this all sums up Coastal Finland in a nutshell.

もっと読む
フィンランドの海でクルーズ

休暇中に、さらに休暇を取ってみませんか?クルーズ船に乗って、美しいフィンランドの沿岸を旅したり、隣国のスウェーデンやエストニア、ロシアに行ってみてはいかがでしょうか。食事やエンターテイメント楽しみながら、フィンランドのクルーズを満喫しましょう。

もっと読む
海からも陸からも体験できるサタクンタ

サタクンタ(Satakunta)は、気持ちよくリラックスしたり、冒険を楽しめる場所です。自然の静けさとやすらぎに身を委ねてみましょう。

もっと読む
ポリ - 北のリビエラ

コケマエンヨキ川に沿った海辺に位置し、1558年からの変化に富んだ歴史を持つポリには、見て、体験して楽しむものがたくさんあります。昔は、ヨーロッパの文化、スパイスや高級ワイン、布などのぜいたく品が、ポリを経由して、フィンランド西部にもたらされました。

もっと読む
元気いっぱいのオウル

元気いっぱいのオウルは、北部独特の自然と都会的なカルチャーに出会える場所です。ボスニア湾沿岸に位置するオウルは、最先端のビジネスとテクノロジーが北の地のやすらぎと異国情緒に交わる場所です。

もっと読む
子供たちの群島 フィンランドの木造建築の街 フィンランドの夏の味 群島トレイルでサイクリングとスケートボード 群島 フィンランドの海でクルーズ 海からも陸からも体験できるサタクンタ ポリ - 北のリビエラ 元気いっぱいのオウル