VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

沿岸地域と群島

フィンランドの沿岸には、世界最大の群島が広がります。古い木造の建物が並ぶ街、灯台、歴史のあるマナーハウス、石造りの教会、陸と海に広がる大きな国立公園が、フィンランドの沿岸地域の特徴です。

数字で見る沿岸地域

50 灯台
80 000 島
1 オーランド

沿岸の四季

フィンランドの群島と長いバルト海の沿岸と聞いて、美しい夏の日に、たくさんのセーリングボートなどが行き交う様子が思い浮かんだら、なかなかよく理解していると言えましょう。しかし、それだけではありません。沿岸地域と群島では、1年中素晴らしい体験ができるのです。

島を巡るアドベンチャー

オーランドでは冒険心をくすぐる島めぐりからボート遊び、フィッシング、ゴルフを始め、盛りだくさんのアクティビティが楽しめます。橋を渡ったりフェリーを利用すれば、島から島への移動は簡単。オーランドの道はサイクリングにも最適です。

灯台に泊まる

人里離れた島へ脱出して、おいしい食事とサウナを楽しみ、うなる海に耳を傾けてみましょう。灯台で過ごす夜にしか得られない、素晴らしい心の安らぎを感じてみましょう。

フィンランドの沿岸でセーリング

フィンランド沿岸のバルト海は、風も弱く、穏やかです。セーリングを楽しみたいけれど、あまり自然と格闘したくないのであれば、フィンランドは絶好の場所と言えるでしょう。.

沿岸部の魅力

タンミサーリは、フィンランド南部のウーシマー地方の市街地です。 この街は、船乗りに人気の場所で、夏の間は、特に賑わいを見せます。 タンミサーリから35 kmの場所にある、ハンコは、海辺の街。夏の行楽地として、長い歴史があります。.

ウーテリの多彩なビーチ

ウーテリのやわらかで、遠浅の長い砂浜では、サーフィンやビーチバレーをはじめ、さまざまなウォータースポーツを楽しむことができます。

Recommended Articles

ウーテリ:多彩なビーチの観光地

いろいろなアクティビティにチャレンジしたり、遠浅のビーチでリラックスしたりお楽しみください。

もっと読む
オーランド - フィンランドの特別な場所

フィンランドの自治領オーランドは、バルト海はボスニア湾の最南端、フィンランドとスウェーデンの間に位置しています。

もっと読む
オーランド諸島、8つのお楽しみ

観光でも、のんびりするための休暇でも、アクティブに過ごす予定でも、オーランドは絶対にお勧めです。海に囲まれた場所で素敵な時間を過ごしましょう。

もっと読む
フィンランド群島の四季

フィンランドの群島と長いバルト海の沿岸と聞いて、美しい夏の日に、たくさんのセーリングボートなどが行き交う様子が思い浮かんだら、なかなかよく理解していると言えましょう。 しかし、フィンランドの沿岸では、1年を通じて、もっとたくさんのことが体験できるのです。

もっと読む
強大な砕氷船サンポ号

サンポ号には、熟練した船員ですら畏敬の念を覚えます。

もっと読む
沿岸の素敵な街

タンミサーリは、1546年に勅許が与えられた、フィンランド南部、ウーシマー地方の市街地です。2009年に他の2つの街と合併してラーセポリとなりました。

もっと読む
ウーテリ:多彩なビーチの観光地 オーランド - フィンランドの特別な場所 オーランド諸島、8つのお楽しみ フィンランド群島の四季 強大な砕氷船サンポ号 沿岸の素敵な街 オウル かつてはタール交易、現在はテクノロジーの中心地であるオウルは、周囲500kmの地域で最大の都市で、非公式ですが、フィンランド北部の首都とみなされています。北国の熱狂ぶりを垣間見ることができるカルチャーイベントが、1年を通して開催されていて、中でも最も有名なのは、毎年8月に開催されるエア・ギター世界選手権です。 visitoulu.fi コッコラ とカラヨキ コッコラは、伝統的に海運業と交易の町です。現在は、1年中いろいろなカルチャーイベントが開かれる、モダンで活気あふれる地域の中心となっています。木造建築の並ぶ街、ネリスタンや灯台のあるタンカル島は、必須のデスティネーションです。カラヨキは、全長10キロメートルに及ぶ砂浜と起伏のある砂山が有名です。 kokkola.fivisitkalajoki.fi ヴァーサ 統計上、ヴァーサは、フィンランドで最も日照時間の長い都市です。豊かな文化と、海洋の歴史から、興味深いストーリーが生まれた場所でもあります。クヴァルケン群島は、ユネスコの世界遺産に登録されており、旧ヴァーサは、訪れる人々を魅了します。 visitvaasa.fi ポリ ポリとその周辺地域では、都会も農村も見て回ることができます。村の古い木造建築物は、鉄骨造りに変わりましたが、車で移動できる範囲内に、小さな港町がいくつもあります。ユーテリの砂浜はフィンランドでも非常に有名で、キルユリンルオト・エリアでは、2015年に50回目(!)を迎える、世界的に人気の高い、ポリ・ジャズフェスティバルが開催されます。 maisa.fisatakunta.fi ラウマ フィンランドで最も有名な木造建築の街、ラウマは、ユネスコ世界遺産(UWH) に登録されています。しかしこの地域で、 UWH に登録されているのは、一か所だけではありません。約3000年前に歴史をさかのぼる、サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳もまた、UWHに指定されているのです。水上タクシーに乗ってキュルマピヒラヤの灯台島まで行くと、群島の素晴らしい眺めを思う存分楽しめます。灯台にあるレストランで食事をすれば、さらに楽しくなりそうです。 visitrauma.fisatakunta.fi オーランド諸島 オーランド諸島は、6,500以上の島のあるフィンランドの自治領で、公用語はスウェーデン語です。首都マリエハムンは、村のようなかわいらしい町で、海運業の偉大な遺産があり、昔から変わることのない自然のままの美しい群島の中にある唯一の都市です。 visitaland.fi トゥルクとナーンタリ フィンランド第2の都市、古都トゥルクは、フィンランドで最も古い街です。街の中央を流れるアウラ川、トゥルク城、大聖堂など、非常にたくさんのランドマークがあります。トゥルクは、豊かな歴史を有し、文化的にも重要な場所です。ナーンタリは、夏に訪れる人の多い牧歌的な土地で、ムーミンのテーマパーク、ムーミンワールドの近くに、大統領の別荘もあります。 visitturku.fivisitnaantalifinland.fivisitarchipelago.fivisitkimitoon.fi ハンコ、ラーセポリ、ロㇷヤ ハンコはフィンランドの南端にあり、昔から夏に訪れる人が多い街です。夏の海、浜辺、そして海洋文化が、この街の特徴です。ラーセポリは、フィスカルスやビルナスの魅力的な製鉄所だった建物が有名です。ロフヤでは、中世の領主の館や博物館を訪れたり、鉱山の歴史に触れたり、洞窟探検が楽しめます。 hanko.fivisitraseborg.comvisitlohja.fi コトゥカ、コウヴォラ、ハミナ フィンランドの東岸に位置するコトゥカでは、文化や、セーリング、ホワイトウォーター・ラフティング、自然探索、群島巡りなどを楽しむことができます。 コウヴォラを訪れるなら、レポヴェシ国立公園や博物館地区、そしてユネスコ世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場に行ってみましょう。ハミナは美しい星形の要塞や、古い木造家屋のある美しくて歴史のある街です。 southeast135.fivisitkouvola.fihurmaavahamina.fi セイナヨキ セイナヨキは、南ポホヤンマー地方の中心で、アルヴァ・アアルトの建築の恩恵を受けている街です。ポホヤンマーでは、辺り一面に広がる緑色の草原や、早朝と深夜に川岸に立ち上る霧、どこかから聞こえてくる鶴の鳴き声、といったような、印象に残る風景を見ることができます。 seinajoki.fi