トラベルインフォメーション

移動する

フィンランドに到着したらのんびりお過ごしください。列車、バス、自動車、蒸気船、クルーズ船、自転車、スキーやソリで移動できます。リラックスして楽しみましょう。

飛行機で

フィンランドには、最北部も含め国中の至る所に空港があり、ヨーロッパで最も高密度で安価な航空網があります。国内便には格安航空券も数種類あります。詳しくは、自国の国の旅行代理店にお問い合わせください。ヘルシンキ発着の定期便はすべて、ヘルシンキ―ヴァンター空港旅行プランナーサービスから入手できます。

列車で

フィンランドの列車は広々としていて快適で清潔です。沿線の景色は美しく、特にフィンランド東部には湖が多く素晴らしい景色が続きます。カートレインまたは旅客列車で旅ができます。また夜行列車でも日中運行する列車でも好きなように選ぶことができます。フィンランド鉄道VR の切符・時刻表サービスを確認しましょう。

長距離バスで

フィンランド長距離バス路線は公道の90%以上を網羅するヨーロッパで最も包括的なバスネットワークの一つです。

車で

フィンランドでは車は右側を走り、左側車線で追い越します。フィンランド国内での自動車運転は比較的ストレスがなく楽しめますが、冬季は危険な場合もあります。

12月から2月まではスノータイヤの装着が法律で義務付けられています。エンジンヒーターの使用もお勧めします。また、ヘッドライトは常に点灯していなければなりません。

フィンランドで自動車を運転する場合は、ヘラジカやトナカイに警戒してください。道をうろうろしていることが多く、特に夕暮れは最も活発に活動する時間帯です。

セルフ式のガソリンスタンドでは、フィンランド以外で発行されたクレジットカードすべてが使えるとは限らないのでご注意を。

船で

フィンランドの沿岸の町の多くには船舶運航サービス、船による観光ツアー、チャーター船クルーズが行われています。休日の行楽客向けにはさまざまなチャーター船クルーズや各地を巡るクルーズがお選びいただけ、オーランド諸島や群島では定期運航便もあります。

湖水地方の観光クルーズは、2~3時間の短い旅から、宿泊設備のついた船室に滞在する数日間ののんびりとしたツアーまでさまざまです。またレトロな蒸気船からオープントップのモータークルーザーまで観光に適した船がいろいろと取り揃えてあります。

よくある質問

オーロラはどこで見ることができますか?

フィンランドでオーロラを見るならば、ほとんどが北極圏内となるフィンランド北部のラップランド地方が一番よい場所でしょう。ここでは冬は太陽がほとんど水平線から顔を出すことがなく暗いので日常的にフィンランドでオーロラが見られる可能性がある場所ともいえるでしょう。2月から3月にかけてと、9月から10月にかけてがピークシーズンです。

フィンランドを訪れるベストシーズンはいつですか?

フィンランドで何を見たいのか、やりたいのかによって違います。純白の雪景色を見たいのであれば12月から3月の間においでください。夏の昼間が長い時期に、湖畔でのんびりしたいのであれば6月から8月が最も良い時期です。

フィンランドで通用する通貨は何ですか?

フィンランドは2001年にユーロに参加しました。

冬はどのくらい寒いのですか?

冬季は気温が零下35~40度まで下がることもありますが、これが普通ではなく、通常の冬季の気温は零下25~0度です。もちろん、地域や時期により差があります。

フィンランド語が話せませんが何とかなりますか?

ほとんどのフィンランド人は流暢な英語を話します。遠隔地でも英語であなたのお手伝いができる人は見つかるでしょう。言葉の問題で困ることはありません。

フィンランドの入国にはどのような書類が必要ですか?

有効なパスポート、もしくは身分や国籍をきちんと証明できる書類と同等の公的書類が必要です。フィンランドまたは欧州経済地域(EEA)各国の国籍でない場合は、ビザ(査証)も必要な場合があります。日本国籍の方の場合、観光等の滞在目的であれば、90日間以内は、無査証で滞在可能です。詳細は、在日フィンランド大使館でご確認ください。

緊急時はどうすればよいですか?

EU加盟国では、携帯電話、固定電話いずれからでもダイヤル112(無料)にかければ救急サービスにつながります。ヘルシンキで利用可能な24時間体制医療サービスの情報は、+358(0)9 10 023に電話してください。