• ヘルシンキ

どこへ行こう?

ヘルシンキをもっと詳しく調べてみよう

  • Helsinki-Helsinki

    ヘルシンキ

    フィンランドの首都ヘルシンキは、コンパクトな街で、歩いて回るのも容易です。ヘルシンキは、デザイン、建築、カルチャー、ショッピングといろいろなテーマで探索できますし、広大な公園や森、湖、そして、たくさんの島々をかかえる海岸線など自然にも恵まれています。そして、日々、どこかしらでかけるべき出来事があるのは言うまでもありません。
  • Helsinki-Espoo

    エスポー

    エスポーは、人口の数的にはフィンランドで二番目に大きな都市ですが、この街は、小さな都市がクラスター的に広がりながら拡大している都市です。ヘルシンキに隣接するエスポーの近代美術館エンマと市立劇場は、カルチャー好きにははずせない場所です。アウトドア好きは、ヌークシオ国立公園がおもてなし。こじんまりとしたブティックを抱えた二つの大きなショッピングセンターは、ショッピング好きの心を離しません。
  • Helsinki-Vantaa

    ヴァンター

    ヴァンターは、エスポーと同様、ヘルシンキに隣接する、はっきりとした中心部がない町です。ヘルシンキ‐ヴァンター国際空港を抱えているため、人々にとってはハブの役割が高く、サイエンス・センター・ヘウレカは、幅広い年齢層に魅力的な場所ですし、ヘウレカで脳が刺激を受けた後は、ユンボ・ショッピング・センターや隣接するフラミンゴ・スパ・ワールドを回るのが順当な回り方。コンサートを楽しんだり博物館、古い教区村や教会などがヴァンターの見どころです。
  • Helsinki-Porvoo

    ポルヴォーとロヴィーサ

    ポルヴォーは、可愛らしいカフェやレストラン、ハンドクラフトのお店が建ち並ぶ中世の名残を残す旧市街があることで有名です。ポルヴォーと言えば、壮麗なマナーハウスや、物館、教会、そして礼拝堂なのです。また、ポルヴォーにほど近いロヴィーサも、旧市街やストロムフォース鉄工所、海の要塞がある美しい町です。

ヘルシンキ

ベスト・ヘルシンキと周辺地域

すべての人に知っていてほしい、ヘルシンキと周辺地域についてのいくつかのこと

フィンランドの首都ヘルシンキは、バルト海沿岸に位置し、100kmの海岸線とおよそ300の島があります。このゆったりしたコンパクトな都市の3分の1は緑地で、アウトドア・アクティビティーやのんびり過ごすには絶好の場所がたくさんあります。一方でいろいろなフェスティバル、レストランやバー、ナイトクラブがあるヘルシンキは、パンクロックから古典的なアートや現代アートまでさまざまな文化を提供する活気ある都市でもあります。

スオメンリンナ – 水辺の要塞

スオメンリンナ – 水辺の要塞

スオメンリンナ(Suomenlinna)の要塞はフィンランドで最も人気のある名所の一つです。首都ヘルシンキからフェリーですぐのところにあります。本来この群島船団の基地は、フィンランドがスウェーデン王国の一部であった18世紀半ばに建てられました。1991年スオメンリンナはユネスコの世界遺産に指定されました。

Suomenlinnaの要塞群はUNESCOの世界遺産で、フィンランドで最も人気のある場所の一つです。Suomenlinnaにはヘルシンキのマーケットスクエアからフェリーに乗って15分で着きます。そこでは島にあるたくさんのカフェやレストラン、ミュージアムを楽しんだり、バルト海を臨む一番素晴らしい景色を見るピクニックを計画したりできます。

夏の街 ポルヴォー

夏の街 ポルヴォー

ポルヴォーは、フィンランドで2番目に古く、現在でもその長い歴史と街の美しさを目の当たりにすることができる街です。

Porvooはヘルシンキの東およそ50kmにあり、フィンランドで2番目に古い都市です。その長い歴史は、象徴的な海辺の赤い木造の家沿いに魅惑的な小石を敷いた通りを歩くと今でも感じることができます。何世紀もの間、この都市は多くのフィンランドの芸術家たちの故郷であり、インスピレーションの源でありました。これはPorvooの素敵なミュージアム、ギャラリー、レストラン、カフェ、ショップで見ることができます。

雪が降ると、素敵な夏のヘルシンキはすっかり様変わりしますが、同時に楽しく活動するチャンスができて生き生きとします。スキー、アイススケート、そり遊び、雪の彫刻、アイススイミング、その可能性はエンドレスです。ヘルシンキがコンパクトなのと同様に、それほど遠くまで出かけなくても楽しく時間を過ごすことができます。

Services in the area
ディレクトリからさらに