熱狂的なデザインファン ペッカ

熱狂的なデザインファン ペッカ

ラップランドの奥深く、このインスピレーションの正に源となる場所でフィンランドのトップデザインを見ることができます。デザインハウス・イドリは、自然のど真ん中に立つ、ちょっと他にはないデザインスタジオ兼展示場です。ペッカ・シルフォースがその理由を説明してくれました。
デザイン・ディストリクト・ヘルシンキ

デザイン・ディストリクト・ヘルシンキ

インテリア・デザイン・ショップ、ファッション・ブティック、ジュエリーショップ、アンティークショップ、ギャラリー、美術館、レストラン、ホテル、デザイン事務所 ― デザイン・ディストリクトにはすべてがそろっています。
ヘルシンキ・ナイトライフ 5×5

ヘルシンキ・ナイトライフ 5×5

ヘルシンキにはたくさんのバーやクラブがあり、街がコンパクトなおかげで1つのバーから別のバーへも歩いて簡単に移動できます。お気に入りの店を見つけてフィンランドの首都でバー巡りを楽しみましょう!
レストランデイ

レストランデイ

レストランデイは、およそ2年前にフィンランドから始まり、回を重ねるごとに益々「街角レストラン」の様相を呈しながら世界へと拡がりっています。一番楽しい即席レストランを見つけられるでしょうか?
トゥルク

トゥルク

夏の間は、タンゴ、音楽、シアター、芸術、デザインなど、さまざまなイベントやフェスティバルが開催され、トゥルクは、休みなしの盛り上がりを見せます。
フィンランド料理

フィンランド料理

フィンランドの食文化は、世界的に有名ではありませんが、ローカル・フード、スローフードという食用語を使うことができる料理です。フィンランド料理を彩る季節の食材、地元産の新鮮な食材は、沿岸部、内陸部、北部から南部の都市部までフィンランド全土に散らばっています。
ほほえましいデザイン

ほほえましいデザイン

高尚なミニマリズムなど眼中になし―フィンランドの新進デザイナーたちは、笑えるユーモアをこめた面白い機能性をデザインの中に取り込んでいます。
ファッションへのパッション

ファッションへのパッション

フィンランドのデザイナーパオラ・スホネン(Paola Suhonen)は自らのブランド、イヴァナ・ヘルシンキ(IvanaHelsinki)を「月夜の平原、海賊、薄暗い森、安っぽいモーテル、シャンパンで酩酊した状態、元気のない蝶々、情熱的な関係、カウボーイ、ガーディアン・エンジェルを愛する」人にアピールするブランドと称しています。
デザインハンターの町ヘルシンキ

デザインハンターの町ヘルシンキ

買い物も、探索だけでも、フィンランドの首都ヘルシンキはスタイリッシュなモノにあふれた町です。特にワールド・デザイン・キャピタルである2012年は、至る所ですばらしいデザインに遭遇することができるでしょう。
フィンランドの食事でできないこと

フィンランドの食事でできないこと

今まで、「フィンランドの台所」という言葉からイメージされる光景は、頭にスカーフをかぶった体格の良い女性がおたまで大釜からドロドロのシチューをすくい、口髭を生やした男性に手渡すというものでしたが、それは過去のこと。今は違います。
北国のクリスマス

北国のクリスマス

誰もがサンタクロースはフィンランドからやってくるということを知っています。でも、聖ニコラスや現代のサンタクロースが創り出した伝統とは違う、フィンランドの昔ながらのクリスマスをご紹介しましょう。
美しき町ラウマ

美しき町ラウマ

ラウマはフィンランド西部のサタクンタ(Satakunta)地方にあります。1442年にできたこの町は国で3番目に古い町で、特にその変化に富んだ方言、ボビン・レース、保存状態のよいラウマ旧市街の木造建築が有名です。...
タンミサーリ - ハンコ

タンミサーリ - ハンコ

タンミサーリ(Tammisaari)はフィンランド南部のウーシマー(Uusimaa)地方の市街地です。ここには1546年に勅許が与えられましたが、2009年に他の2つの町と合併してラーセポリ(Raasepori)となりました。タンミサーリ(Tammisaari)は古くから漁業や工芸品で生活の糧を得る村で、船乗りには安全な港として知られていました。現在住民の80%以上はスウェーデン語を母語とする人たちです。タンミサーリ(Tammisaari)は、夏がアクティブな季節で、特に小型船に乗る人には人気があります。...
カルチャー・ビート

カルチャー・ビート

線形の機能性、単純化した美しさは、フィンランドデザインを表す際によく使われる言葉です。家具や装飾品、ガラス製品から日用品まで、フィンランドのデザイナーは常に機能性が高く、見た目がよいものを作ろうとしてきました。 本物のサンタクロースに会いに行こう サンタクロースが誰であるか知らない人はいませんが、彼の故郷を訪れた人がどのくらいいるでしょう。フィンランドのラップランド地方にある彼の故郷でサンタクロースに会うことは、全ての子供たちの夢です。大人でさえも、クリスマス時期の北極圏の幻想的な雰囲気に、そこへ行きたい気持ちを抑えることができません...。
More Search Results