エイッカが語るフィンランドの究極の魅力

ガラスのように滑らかな湖面、葉緑素いっぱいの鮮やかな緑の白樺が生い茂る岸辺。夏の空気の爽やかさ。サウナから聞こえてくる子供たちの笑い声と融合する鳥のさえずり。そして再びやってくる冬の青い暗闇、足下できしむ雪、結晶になってコートの上に落ちる前に見える白い息。例を挙げればきりがありません。フィンランドの夏と冬は二つのまったく違う世界で、それぞれがまったく違った感覚をかき立て、特徴的な雰囲気を創り出します。クリエイティブな人々にとって、季節は際限のないインスピレーションの源です。

作曲家エイッカ・トッピネンは、世界で一番有名なフィンランドのミュージシャンの一人です。彼のバンド、アポカリプティカとその交響曲スタイルのヘヴィメタルは、1993年から人々の心をつかんできました。シポーの森に住むエイッカは、私生活においても様々な究極さとそのコンビネーションに魅力を感じています。

ヘルシンキ近郊

ヘルシンキはコンパクトなサイズのヨーロッパの文化的で現代的な都市で、デザインとハイテクが有名です。ヘルシンキは海に近く、夏でも冬で楽しいことが満載の魅力的な街です。

ヘルシンキ近郊