48時間で楽しむフィンランド

フィンランドで48時間あったら? フィンランドのクールな首都で、クリエイティブな街と自然の中でのアドベンチャーを満喫しましょう。(by Milla Visuri)

何千もの湖のある国、フィンランドには、実は何千もの島(ある統計によれば179 584の島)もあり、見渡す限り森が広がっています。言ってみれば、フィンランドは、水と木が豊かな国です。

ヘルシンキ地域には、130kmにもわたる水辺があり、海岸まではこの街のどこからでも10km以内です。水辺には、家、コテージ、公園、レストラン、公共のサウナ、セーリングクラブ、見所、カルチャーの発信地、バルト海の海のルートがあります。

1743年からというフィンランドでもっとも歴史ある伝統の一つ、ヘルシンキのバルトニシンマーケットも水辺で開催されるのです(ヘルシンキは、何千ものニシンの街と考えてもいいくらいです)。10月初旬の1週間、ヘルシンキのマーケット広場には、フィンランド沿岸からやってきて何千キロものニシンを売る釣り船で賑わいます。

フィンランドについて

四季、白夜と極夜、都市部といなか、東と西 - 魅力あふれるコントラスト

フィンランドについて