• 大都会の中の田園風景

    遊歩道を歩いてみよう

    ポルナイステンニエミ自然遊歩道を歩けば、フィンランドの田園風景にすぐに近づくことができます。晴れた日の午後、のんびり過ごすなら、ここを訪れるのが一番です。

  • ヴァンハンカウプンギンラハティの浅瀬

    川のせせらぎの音を楽しむなら科学博物館やレストラン・コスケンランタのテラスが最適です。

  • 大物を釣る

    ヴァンハンカウプンギンラハティの浅瀬や湾岸エリア全体に、マスやサーモンの絶好の釣り場がたくさんあります。

  • どっちに行く?

    木道が皆さんを野原や森を抜けるのんびりした旅へ誘います。

  • 草を食む

    ヴィーッキの牛は人なつこく、夏の間、そして秋も暖かい間はずっと野原で過ごしています。

  • バードウォッチャーの穴場

    6棟の野鳥観察用タワーは、めったに見られない野鳥種を見つけたり、美しい景色を眺めたりするのに最高の場所です。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

大都会の中の田園風景

フィンランドでは、首都ヘルシンキ市内でさえも自然があります。ヴィーッキ植物園の静かな森の中をのんびり歩くのも、浅瀬を楽しめるヴァンハンカウプンギンラハティも、街の中心部から15分でアクセスできます。

遊歩道をハイキング

ヴィーッキ・エリアを一番楽しめる方法は、ポルナイステンニエミ自然遊歩道を歩くことです。木道、遊歩道、自転車道がエリア内を網羅。忙しい都会の生活から逃れるための最高の環境を提供してくてています。ヴィーッキ植物園には300種類を超える植物種がある20ヘクタールの植物園で、森林浴をしたり、鳥のさえずりや木の葉の揺れる音に耳を傾けるには最高のスポットです。このエリアの動物たちを観察するに野鳥観察用のタワーが6棟あり、タワーからは、素晴らしい風景が堪能できます。

釣り人のファンタジー

釣りに行くのなら、ポルナイステンニエミ半島がサーモンやマスを捕まえるのに最高の場所です。ただ、少し早めの時間が狙い目です。湾内は、いつも釣り人でいっぱいで、ベストスポットは早いもの勝ちですから。凍った浅瀬に立ち上る靄の中でのアイスフィッシングは、魔法にかかったような不思議な体験になるはずです。

フレンドリーな草刈り屋

フィンランドの田園風景に欠かせないものといえば牛です。この物静かで穏やかな動物は、ヴィーッキのラトカルタノ・マナーハウスで16世紀からずっと草を食んでいます。現在、ヘルシンキ大学の教育研究ユニットがヴィーッキで農場作業を続けています。そこでは100頭を超える牛が日光を浴びながら草を食み、訪れる人に人なつこくモーモーと啼いています。

ヘルシンキ

他国の主な首都と比べ、ヘルシンキの鼓動はゆったりとして緩やかです。市内の観光名所や人気スポットのほとんどは徒歩圏内にあります。公共交通機関は快適で信頼性が高く、ヨーロッパの中でも上位にランクしています。

もっと
Services in the area
ディレクトリからさらに