• 秋色満載

    飲み物はいかが?

    ラップランドの天然水のほとんどはそのまま飲むことができます。紅葉狩りハイキングの途中、山の小川で一休みして本物を味わえば、リフレッシュの新たな意味が分かります。

  • つま先からてっぺんまで

    地面でも、ベリーの葉、地衣類、コケ類が秋色を帯びています。

  • カントリークルーズ

    フィンランドに何千もある湖に映る紅葉を見るのはいかがでしょう?

  • トップスポット

    フィンランドの人たちは紅葉を楽しむ方法を知っています。

  • 絶品なたべもの

    紅葉の時期、地面の上に落ちたブルーベリーを拾ったものでもまだ食べられます。

  • 自然のパレット

    紅葉の季節、ラップランドの自然は土色のディスプレイの上に描かれます。

  • なんて複雑なウェブ(蜘蛛の糸)を我々はかけているのだろう

    こちらは本当に蜘蛛がかけたものです。葉っぱがとてもかわいらしく見えませんか?

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • 山頂で

      山頂で

      この自然が創り出す景観故にキルピスヤルヴィ(Kilpisjärvi)はフィンランド北部で有数の観光地の一つに数えられています。

    • サーミの世界へ

      サーミの世界へ

      北ラップランドでは、1年を通して実にいろいろなアウトドア、インドアのアクティビティーが楽しめます。そのほとんどはEU諸国で唯一土着の民族サーミの固有の文化と密接に関係しています

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

秋色満載

秋の紅葉、フィンランド語でルスカ「ruska」はスペクタクルとも言える自然現象で、北の景色を濃淡さまざまなトーンで彩ります。森や荒野におおわれたフィンランドは、本物の紅葉狩りに行く最高の場所です。

四季それぞれにはっきりとしたコントラストを描くのが、フィンランドの1年の自然サイクルの大きな特徴です。秋の紅葉はある種メッセンジャーの役割を果たしています。紅葉は、長い夏の一日に物悲しく別れを告げ、暗く冷たい冬が間近に迫っていることを思い出させるものです。

ルスカ(ruska)のピークシーズンはわずか2週間ほど。その期間は年によって変わりますが、旅を計画するなら9月後半なら間違いないでしょう。

 

どこへ行くべきか

紅葉はフィンランドのいたる所で見られますが、北へ行くほど紅葉・黄葉の色は鮮やかです。ラップランドはフィンランド国内最大の自然があるので、そこへ紅葉狩りに行くのはフィンランド人にとってごく当たり前のことなのです。

ハイキングは紅葉を楽しむための最も人気のあるアクティビティの一つです。ハイキングルートは、歩きやすいものから、熟練したハイカー向けの難コースまでさまざまです。この季節の摂氏10度程度の気温もハイキングには理想的です。マウンテンバイク、カヌーや釣りもこの季節の定番アクティビティです。

 

ビジュアル的調和

紅葉を見るとハーモニーそして、心地よさという思いを抱くことがよくあります。広大な風景を見渡す眺めの良いスポットが見つかれば、日常の悩み事など遠いことのように感じられるでしょう。軽食を楽しみながら温かい飲み物を飲みましょう。気が付けばその場を離れたくない口実を考えているかもしれませんよ。

ルスカ「ruska」の季節は写真家たちにも人気です。なぜかって?それはさまざまな広葉樹や針葉樹、地面のベリーやコケの緑、赤褐色、青、赤、黄色などの色彩が目が覚めるように鮮やかで、人の心を惹きつけてやまないからです。

 

カテゴリー:
,
ラップランド-フィンランド北部

ラップランドの魅力のキーポイントは「コントラスト」です。自然の平安や静寂からほんの数分移動するだけで町やスキーリゾートの喧騒があるところです。

より多くの