• ヘルシンキの群島へ脱出

    一般開放された埠頭

    カウニスサーリ島に行くのは簡単です。ヴオサーリからフェリーに乗るか、プライベート・ボートでアクセスできます。

  • カウニスサーリでキャンプ

    カウニスサーリ島に行くのは簡単です。ヴオサーリからフェリーに乗るか、プライベート・ボートでアクセスできます。

  • キャンプ

    カウニスサーリ島には平穏さと静けさを求めてキャンプをする人たちに理想的なビーチがあります。

  • レストラン・ピヒラヤサーリ

    ピヒラヤサーリ・レストランは、元々1883年にホッレボーという名の別荘でしたが、現在は夏のレストランとして使われています。

  • ピヒラヤサーリのカラフルな更衣室

    島のカラフルな更衣室は必見です。

  • 景観の管理人

    羊は雑草や植物を、そして美しい景観も管理する有能な管理人です。牧草地ではヤギにも会えるかもしれません。

  • ピヒラヤサーリのパノラマポイント

    バイキングの丘は島で一番の見晴台で、リラックスするにはうってつけの場所です。うっとりするような海を眺めて目を休めましょう。

  • セウラサーリのいたずら好きなリスたち

    フィンランドのリスはとても人になついています。特にセウラサーリ島のリスは社交的で、なおかついたずら好きです。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

ヘルシンキの群島へ脱出

ヘルシンキの群島には大小330の島が集まっています。都会の喧騒から逃れるにはうってつけで、フェリーに乗って出かけましょう。

ピヒラヤサーリ島は晴れた夏の1日を過ごすのに、ヘルシンキ市民の間で最も人気のある島です。この島は、まるで絵に描いたのような美しい砂浜と島の反対側にある岩場が有名で、どちらも日光浴にも泳ぐのにもよいスポットです。この島は1日かけてピクニックするのに最適ですが、もし家事から解放されたいのなら、レストラン・ピヒラヤサーリでごちそうを楽しんではいかがでしょう。

カウニスサーリ島は公海上にあり、絶景が楽しめます。この島は、実際のところヘルシンキから最も遠くに位置し、フェリーで約40分かかります。長い浜辺があることと、豊かな漁場として有名です。様々な動植物も印象的で、それを楽しみに多くの人がキャンプをしにこの島を目指します。

ヴァルティオサーリ島には非常に興味深い歴史が残されています。この島はバイキング時代、突然の攻撃を地元の人に知らせるための衛兵の拠点として使われていたそうです。そのため、海抜32mの岩山の上に警告用のかがり火が灯されていました。そして、1000年後、この島はヘルシンキのブルジョワ層に人気の場所となり、彼らはこの島に別荘を建てました。現在は、夏から秋にかけて実り豊かなベリーやキノコ類が訪れる人々を魅惑します。冬はスキーやスケートを楽しむ人にとって最高の環境となります。

セウラサーリ島は、ヘルシンキから歩いて行ける数少ない島の一つです。この島の、他に類を見ない特徴は、フィンランドの伝統的な生活様式に親しむことができる野外博物館があることです。一般家屋、中世の領主の館や離れの建物はすべて、フィンランド各地からここへ移築されたものです。屋外博物館には現在87戸の建物があり、18~20世紀のフィンランドの田園生活を垣間見ることができます。

ヘルシンキ

ヘルシンキは450年の歴史を持つヨーロッパの現代的な都市で、伝統と現代デザインや流行が絶え間なくブレンドされています。コンパクトで居心地がいいフィンランドの首都ではストレスのない時間を楽しめます。

More
Services in the area
ディレクトリからさらに