• フェスティバルに熱狂

    ヘルシンキ中心部で開催されるトゥスカ(Tuska)フェスティバルはヘビメタファンにとって、一年で最大のイベントです。

  • これで未来のヘビメタファンは間違いなし:耳をふさいで!

  • 彼らにホルンを!

  • 聴衆をバイオリンで釘づけ

  • パイプフェストではどこへ行ってもボンボンビート

  • ポリ・ジャズはフィンランド最大のフェスティバル。

  • ルイスロックは、トゥルク(Turku)市外れのルイスサロ(Ruissalo)島で開催されるフェスティバルです。

  • サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルのメインステージ、オラヴィ城(Olavinlinna)の舞台にマッチするイベントはほとんどありません。

  • やれやれ、年齢なんてただ数字!死ぬまで反抗するんだ。

  • フィンランドで開催されるフェスティバル-飲んで羽を伸ばそう

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

フェスティバルに熱狂

フェスティバルと言えばフィンランド。大規模なロックフェスティバルから民族文化イベントまでさまざまなイベントが、短く明るい夏の間、フィンランド国内各所で開催されます。

フィンランドは、小さな国ですが、信じられないくらい多くのフェスティバルを主催しています。フェスティバルの多くは音楽に関連したもので、夏に開かれます。

ポリ・ジャズ・フェスティバルはこのジャンルでは最大のお祭りで、約15万人が訪れます。その他にも、多くの町や都市で独自のジャズフェスティバルが開催されています。数があまりにも多すぎるため、ここに全ては挙げることができないほどです。

 

約束されたロックの地

フィンランドはロック好きが集まっている国です。比較的規模の大きなロックフェスティバルにはセイナヨキ(Seinäjoki) のプロフィンスロック・フェスティバル、トゥルク(Turku)のルイスロック・フェスティバル、ヨエンスー( Joensuu) のイロサーリロック・フェスティバル、それにヘルシンキのトゥスカ(Tuska)(直訳で「痛み」)ヘビーメタルフェスティバルがあります。

ヘルシンキで開かれるフローフェスティバルには、インディーやオータナティブな(最近のものであれば何でも、という意味)音楽のファンが集います。ヒモス(Himos)で開かれるパイプフェストはヒップホップファンのためのイベントです。

 

お城で開催

フィンランドはオペラサーキットがあることでも有名です。2012年に100周年を迎えたサヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルのメインステージはフィンランドの壮大なサイマー湖を臨むオラヴィ(Olavinlinna)城です。

室内楽や民族音楽の熱狂的なファンも忘れてはいけません。1970年に始まって以降、クフモ室内楽フェスティバルは国内外からの喝采を幅広く受けてきました。2012年に45周年を迎えるカウスティネン・フォークフェスティバルも同様です。

 

他にもまだたくさん・・・

セイナヨキ(Seinäjoki)タンゴ・フェスティバルにはあらゆる年齢層のダンサーが集まります。またラップランドのヘッタ(Hetta)のセント・メアリーズ・デーの祭りはサーミ文化圏内では、その年最大の呼び物です。

ロヴァニエミ(Rovaniemi)のユタヤイセット(Jutajaiset)はラップランドの民族芸能フェスティバルです。8月から9月へと変わる時期、首都ヘルシンキでは2週間にわたる街を挙げてのイベント「ヘルシンキ・フェスティバル」が開催され、無数のイベントが開催される夏がこれで終わります。

ふ~。

 

より多くの
より多くの
ディレクトリからさらに