• フィンランドでドライブ!

    フィンランドでドライブ!

    フィンランド全土には、45万4千㎞もの道が走っています。高速道路は、その内のわずか800㎞しかありません。

  • 交通渋滞はほぼ皆無

    中央ヨーロッパの渋滞と比べると、フィンランドは渋滞とは無縁の国です。ですが、ラップランドでは、車以外のものも道を通りますので、そのために時として停止しなければならないこともあります。

  • 美しい車窓からの風景

    Finnish roads are generally in good condition and there is plenty of beautiful, peaceful scenery along the way for you to enjoy.

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • サンタに会う夏

      サンタに会う夏

      クリスマスの時期はプレゼントの配達に大忙しのサンタですが、夏の間はどうしいるのでしょうか?サンタの夏を覗いてみましょう。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

フィンランドでドライブ!

ヨーロッパからの旅行者には、高速代のかからない国道を通ることそのものが休暇になっています。フィンランド国内の幹線道路は通常渋滞することはありません。ただ、夏の長い夕方の日差しの中での運転には、サングラスをかけて運転する方がよいでしょう。

中央ヨーロッパの渋滞と比べると、フィンランドは渋滞とは無縁の国です。フィンランド人は交通量の多さに不平を言うことがあるかもしれませんが、フィンランド以外の国から来た旅行者からは不平が聞かれることはありません。他の大都市に住んでいる人たちと大きく違うのが、フィンランド人の“渋滞”に対する感覚です。2~3分の遅れを生み出す交通量が既に大渋滞になってしまいます。

フィンランド国内の道路事情は全般に良い状態です。すべての都市と空港にはレンタカー会社の拠点があります。予約は事前に、支払いはクレジットカードで行います。日本の方がフィンランドで運転する場合には、国際免許証が必携です。

速度制限

フィンランドの速度制限は、街中では通常速度50㎞/時、郊外は80㎞/時。特段に交通標識で表示されていない限り、この原則はどこでも同じです。高速道路では、夏季の制限速度100㎞/時で、幹線道路の制限速度は120㎞/時です。

冬季期間中は、すべての乗り物は冬タイヤを装着しなければならず、スパイクタイヤが推奨されています。車道には、通常砂や小石を撒かず、除雪車が除雪作業をして車道を整備しています。冬季は、すべての道の制限速度は、80㎞/時に制限されます。

常に点灯!

対向車がアッパービームで近づいて来る場合、二つの合図が考えられます。一つは、ヘラジカがいるという合図、もう一つは、交通事故が起こっているという合図。そのどちらでもない場合は、あなたの車にヘッドライトが点灯していませんよという合図です。ヘッドライトを点けていない場合は、気が付いた時点で必ず点灯するようにしてください。夏季、冬季にかかわらず、日中でも夜でも、真夏の陽がさす夜であってもヘッドライトは点灯が義務付けられています。

フィンランドのガソリンスタンドではどうすればよいかをご案内します。フィンランドのガソリンスタンドは、セルフタイプです。ガソリンを入れた後、給油口のあるところからいったん車を移動させ、支払いをします。

ディレクトリからさらに