• フィンランドは1年中お祭り気分

    町の新しい輝き

    年に1度のナイト・オブ・アートではヘルシンキ近郊のカッリオ(Kallio)地区でファイヤーアーティストたちがパフォーマンスをします。このヘルシンキ・フェスティバルのハイライトでは、音楽家、俳優、映画制作者、芸術家たちが巨大なステージと化した首都ヘルシンキを駆使、アマチュアもプロと同等の立場でパフォーマンスできるフェスティバルです。

  • クールジャズでポリ(Pori)がホットに

    1966年からフィンランドの西岸で行われるポリ・ジャズには多くのジャズファンが押し寄せ、マイルス・デービスからマンハッタン・トランスファーにいたる有名人が何年にもわたってこのフェスティバルのステージを飾ってきました。2007年にはメインステージであるキルユリンルオト(Kirjurinluoto)で、アラン・トゥーサンがエルビス・コステロと共演しました。

  • ヘルシンキのお祭りファンファーレ

    ナイト・オブ・アートはヘルシンキ・フェスティバルのクライマックスを飾る人気イベントです。街中では、個人のパフォーマンスから壮麗なものまでさまざまなパフォーマンスやイベントが行われます。2009年のハイライトはフランスの一座による巨大ヘリウム風船でした。

  • アートがポールポジションをとる

    2007年のヘルシンキ・フェスティバルでは、オーストラリアのパフォーマンスグループ「ストレンジ・フルーツ」がフィンランドの国会議事堂の階段の支柱上でパフォーマンスをしました。フェスティバル開催中の無料イベントには13万人以上が訪れ、5万人以上が有料のショーやパフォーマンスを楽しみます。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

フィンランドは1年中お祭り気分

フィンランドでは、想像力に富んだ舞台装置で上演されることの多い文化イベントやフェスティバルが満載です。こうしたイベントを開催する小さな町や都市を探索するのもフィンランドを楽しむ方法の一つです。

ありとあらゆる種類の文化イベントが国のいたるところで開催されており、これらイベントがフィンランド至宝ともいえる、広大で完全無欠の自然環境に付加価値をももたらしています。フェスティバルの多くは、雰囲気を盛り上げる、また、舞台装置として湖や森、その季節ならではのものを取り入れて構成しています。

例えばサヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは、東部の湖にある中世のオラヴィ城(Olavinlinna)の趣のある中庭で開かれます。ハミナ・タトゥー(Hamina Tattoo)はハミナの町で上演されるミリタリー音楽のフェスティバルで、会場として軍事的な遺産や建築物を活用しています。

 

ミッドナイト・サン映画祭

国の反対側では、映画監督のミカ&アキ・カウリスマキ(Mika & Aki Kaurismäki)兄弟の発案によるミッドナイト・サン映画祭(Midnight Sun Film Festival)が、毎年6月、ラップランドのソダンキュラ(Sodankylä)で開催され、この時期、村は映画の世界に変身します。ルーマニア人ウラディミール・メンデルッソン(Vladimir Mendelssohn)指揮によるクフモ室内楽フェスティバルは1970年以降フィンランド東部の素晴らしい教会をメイン会場として使ってきました。

ジャズファンは7月終わりのポリ・ジャズ・フェスティバルを楽しみ、EU最北のジャズイベント、カーモス・ジャズはラップランドに冬の始まりを告げるイベントです。またルスカ・スウィング(Ruskaswing)もルスカ(ruska)(秋の紅葉)と同時にラップランドで行われます。

 

タンゴと木彫

この他の音楽フェスティバルとしては、2012年にBBC交響楽団主催でサヴォ(Savo)湖地方で行われるルオスト・クラシック、西部のオストロボスニア(Ostrobothnia)で行われるカウスティネン・フォークミュージック・フェスティバルがあります。これはどちらも夏のイベントです。またオストロボスニア(Ostrobothnia)地方の町セイナヨキ(Seinäjoki)ではタンゴ・フェスティバルが行われます。ここではタンゴ・キングとタンゴクイーンの栄誉が授与されるフィンランドで人気の高いタンゴ・フェスティバルです。

他にも規模は小さくて風変わりなイベントもいろいろあります。例えば7月にラップランドのケミヤルヴィ(Kemijärvi)で行われる木彫展覧会もその一つです。ここは、3月終わりに日本語の「Yukigassen(雪合戦)」の名で知られる「国際雪合戦大会」が開催される場所でもあります。ラップランドはサンタクロースの故郷なので、さらに北にあるイナリではトナカイ杯選手権ドライブが行われてもいます。サンタクロースの年に1回の出発式は、ロヴァニエミ(Rovaniemi)郊外の北極線上で12月23日に行われます。

 

より多くの
より多くの
ディレクトリからさらに