• フィンランド発
    フレッシュな
    ランウェイデザイン

    幅広い年齢層の顧客

    「R/Hのお客さまのベースは主に、25~45歳の女性ですが、16~75歳の女性もターゲットとして考えています。」 と語るのは、R/Hを設立したデザイナーのハンナ・リーヘライネン。R/Hの旗艦店とスタジオはヘルシンキのプナヴオリ地区のフレドリキンカトゥ通り(Fredrikinkatu) にあります。

  • 個性と考え方

    「私たちが独自のブランドを始めたのは、合理的な理由からではなく、ファッション業界で運営していく独自の方法を見つけたいという願望からです。」と話すのは、リラックスしてフィットした外見と、ソフトなシルエットを特徴とする服をデザインする、エリナ・ペルトネン。彼女はフレデリック・ベルメート(Frederique Vermaete)の事業も手がけています。

  • 賢い夢想家のためのブランド

    サムジのスヴィ・エリナ・エンクヴィストによると、このブランドのシンプルなデザインは、自分の周りの世界に注意を払う思慮深い人のためにデザインされたものです。「私たちがターゲットとするお客様は、社会に疑問を抱く人、そしてアート、音楽、詩、建築など様々な分野のカルチャーに興味のある人」 だと言います。

  • 複雑でシンプル

    ヨーナス・サーリは、自らのスタイルを実質主義と表現します。「余分なものを取り除いたファッションと製品は、多面的に表現することもできます。Acolythを通じて、私は自分自身をもっと自由に表現し、自分のデザイナーとしてのアイデンティティーを表に出すことを目指したい」 と言っています。

  • 持続性のあるデザイン

    「私は、大量生産製品に満足しない人のために服を作っています。」とサーラ・レポコルピ。彼女は未来のお得意さまが、使い捨て文化を受け入れるのではなく、長い目で見た投資として服を買うようになって欲しいと願っています。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • 熱狂的なデザインファン ペッカ

      熱狂的なデザインファン ペッカ

      ラップランドの奥深く、このインスピレーションの正に源となる場所でフィンランドのトップデザインを見ることができます。デザインハウス・イドリは、自然のど真ん中に立つ、ちょっと他にはないデザインスタジオ兼展示場です。ペッカ・シルフォースがその理由を説明してくれました。

    • デザイン・ディストリクト・ヘルシンキ

      デザイン・ディストリクト・ヘルシンキ

      インテリア・デザイン・ショップ、ファッション・ブティック、ジュエリーショップ、アンティークショップ、ギャラリー、美術館、レストラン、ホテル、デザイン事務所 ― デザイン・ディストリクトにはすべてがそろっています。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

フィンランド発フレッシュなランウェイデザイン

マリメッコ(Marimekko)やイヴァナ・ヘルシンキ(Ivana Helsinki)になじみのある人は多いでしょうが、フィンランド独自の最新ファッションのトレンドはどうなっているのでしょうか? アール・エイチ(R/H)、サムジ(Samuji)、サーラ・レポコルピ(Saara Lepokorpi)、æ、ヨーナス・サーリ(Joonas Saari)などのブランドやデザイナーは、その独創性や倫理的なアプローチで知られています。

フィンランドのファッション界で最も話題を呼んでいるのは、2009年に発表されたサムジ(Samuji)です。このブランドはフィンランドのファッションシーンでは新顔ですが、その創設者サム=ユッシ・コスキ(Samu-Jussi Koski)は、サムジ創設以前、マリメッコのアーティスティックダイレクターで、新顔というわけではありません。

サムジはそのはっきりとしたラインのインスピレーションを、スラブ文化から受けていると言います。またこのブランドは、不朽のクラシックコレクションとボヘミアンからインスピレーションを受けたシーズナルラインで構成されています。

「私たちの目標は、持続可能な発展とエコロジーの価値を支えるファッションと製品デザインを提供することです。サムジは、全ての女性のワードローブの基本となる、完璧で時代を超えた作品を提供したいという願望から生まれました。」と言うのはマーケティング・ディレクターのスヴィ・エリナ・エンクヴィストです。

学生のコラボから生まれたR/H

R/Hは、ハンナ・リーヘライネン(Hanna Riiheläinen) とエミリア・ヘルスニエミ(Emilia Hernesniemi)の独創的な発想から生まれました。この二人は学生時代にヘルシンキで出会い、2010年にこのブランドを立ち上げました。リーヒライネンによると、R/Hは独特なデザイン言語と耐久性が特徴。ブランド名は、2人の姓のイニシャルです。

リーレライネンはR/Hスタイルを、遊び心のあるカット、大胆なプリント、ブラックマジック、そして明快なスカンジナビアのデザイン言語と表現しています。

「R/Hにはちょっとした遊び心と、昔ながらのロックンロールの姿勢がある。」 とも語っています。

サーリ、レポコルピ、æ

ヨーナス・サーリは、ロンドンとヘルシンキでファッションデザインを学び、自らのコレクションAcolyth by Joonas Saariも販売するオンラインストアAcolythを運営しています。

「私の夢は、Acolythを世界に知られるオンラインストアにすること。この店はこれまでオンラインで行われたことのない方法で、お客様に新しくてお手頃な価格のデザインを提供しています。もちろんこの夢をかなえるにはたくさんの幸運に恵まれることが必要があるのですが。」 とサーリは語っています。。

アリサ・ナルヴァネン(Alisa Närvänen)とエリナ・ペルトネン(Elina Peltonen)が設立したブランド、サーラ・レポコルピとæは2011年に初のコレクションを発表しました。

「私はフィンランドのファッション業界で、現在進行中の前向きな発展の一翼を担いたかった。」 と、彼女は話しています。そして、自分の創作を「注目度抜群で、挑発的、そしてちょっとひねくれたもの」 とも表現しています。

共同設立者であるペルトネンにとって、服のデザインとは、常に開拓するものであり、普通であることに疑問を抱くもの。また「非常に直観的で、感情的に駆り立てられるプロセス」 とも言っています。

 

より多くの
より多くの
ディレクトリからさらに