• フィンランド、
    魅惑のガラストレイル

    アールト・ベース―フィンランドデザインを象徴する時を経ても古くならないデザイン

    イッタラ・ガラス工場のベテランガラス吹きたちのジョーク: “アールト・ベース作りには、6.3人の男が必要だ。一人は常に休憩中ってことだ”。

    この写真からも、時代に左右されないアールト・ベースの進化がご覧いただけると思います。


    Photo: Pål Allan/Fiskars Group

  • ガラスデザインにフィンランドの未来が

    ヘルシンキにあるアールト大学は、ヨーロッパのアートやデザインの中心の1つで、グラスデザインを学べる大学です。


    学生のマンディ・ヤウ、別称マン・ヤウは、自分のガラス作品『スタックス』を未来のガラスデザイン会議に提供しました。彼女の作品はミラノでも展示されました。


    Photo: Aalto University

  • ムールラ ― ガラス好きの天国

    トゥルクの近くにあるムールラショップでは、可愛らしいムーミンの食器が目をひきます。ムーミンのデザイン以外にも、ムールラで製造されている美しいガラスや陶器の製品が並んでいます。


    Photo: Rebecca Libermann

  • フィスカルス― ガラス作りに欠かせないフィンランドの自然

    木、水、石英は、ガラスを製造するための基本要素です。フィンランドには、これらすべての要素が豊富にそろっています。フィスカルス村のフィスカルスショップは、まさにその実証です。100名を超える職人とアーティストがこの川の村で働き、作品を展示しています。


    Photo: Rebecca Libermann

  • イッタラ ― 作品制作中

    ガラス製品作りは時間を要し、そのプロセスは複雑です。フィンランドの有名なガラスデザインメーカーであるイッタラのメイン工場では、ガラス製品の制作工程をバルコニーから見学することができます。


    「連続生産される製品は、飽きが来ないものでなければならない。」偉大なデザイナー、カイ・フランクの言葉です。


    Photo: Timo Junttila/Fiskars Group

  • デザイン博物館 ― デザイン好きには、外せない場所

    カイ•フランクのユニバーサルグラスデザインのフォームは、ヘルシンキのデザイン博物館に展示されています。


    フィンランドは現在も、想像力に富んだオリジナルガラスを作成するデザイナーたちを輩出しています。2013年夏、デザイン博物館では、カイ・フランク、タピオ・ヴィルッカラ、ティモ・サパラネヴァ他、フィンランドの優れたガラスアーティストたちの作品展が開催されました。


    Photo: Rauno Träskelin/Finnish Design Museum

  • オイヴァ・トイッカのインスピレーションキューブ2013

    バードで有名な、フィンランドのトップガラスアーティスト、オイヴァ・トイッカは、1977年以降ヌータヤルヴィで素晴らしいガラスアートを創り出すアーティストとして世界に知られています。毎年発表されるキューブは、常に新しいフォームで登場します。いくつかの作品をコレクションすれば、自分オリジナルのガラスの像も作れます。


    Photo: Timo Junttila/Fiskars Group

  • ヌータヤルヴィ・カフェ ― 心と身体に栄養を

    有名なガラス作家、アヌ・ペンッティネンは、夏の間、ヌータヤルヴィ村で魅力的なデザイナーズ・カフェをオープンします。


    ガラスデザイン愛好家たちが愛してやまない場所、リーヒマキ、イッタラ、フィスカルス、ムールラなどにも、居心地のよいカフェやレストランがあります。


    Photo: courtesy of Anu Penttinen

  • ヌータヤルヴィ工場直営店 ― 目の保養、バーゲンハンターのお愉しみ

    19世紀に建てられたヌータヤルヴィ村の建物の一つで、以前は倉庫だった場所が、イッタラとフィスカルス・グループの工場直営店になっています。


    ヘルシンキやリーヒマキ、イッタラ、フィスカルス、そしてムールラでも、ガラスデザインを買い求めたい人たちの心をくすぐる場所を見つけることができるでしょう。


    Photo: Marika Kinnunen/courtesy of NuGo

  • フィンランドのガラスデザインとガラス工芸 ― 気が利いていて独創的

    フィンランドのデザイナーたちにとって教師世代である著名なカイ•フランクが設計した、ヌータヤルヴィにある小さなガラス美術館は、ガラス作品を愛する人たちにとって必見の場所です。リーヒマキやイッタラにある荘厳なガラス博物館もぜひ訪ねてみてください。


    Photo: Rebecca Libermann

  • タピオ・ヴィルッカラ ― デザインのグランドマスター

    多作で詩的なガラスデザインで有名なタピオ・ヴィルッカラの作品は、ヘルシンキのデザイン博物館とリーヒマキとイッタラのガラス博物館に展示されています。


    「すべての材料には、独自の不文律がある」とはヴィルッカラの言葉。


    Photo: Osmo Thiel/Fiskars Group

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • 熱狂的なデザインファン ペッカ

      熱狂的なデザインファン ペッカ

      ラップランドの奥深く、このインスピレーションの正に源となる場所でフィンランドのトップデザインを見ることができます。デザインハウス・イドリは、自然のど真ん中に立つ、ちょっと他にはないデザインスタジオ兼展示場です。ペッカ・シルフォースがその理由を説明してくれました。

    • デザイン・ディストリクト・ヘルシンキ

      デザイン・ディストリクト・ヘルシンキ

      インテリア・デザイン・ショップ、ファッション・ブティック、ジュエリーショップ、アンティークショップ、ギャラリー、美術館、レストラン、ホテル、デザイン事務所 ― デザイン・ディストリクトにはすべてがそろっています。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

フィンランド、魅惑のガラストレイル

フィンランドのガラスデザインには長い歴史があります。魅惑のガラストレイルをたどり、斬新なアートに没頭し、ちょっとした買い物セラピーを楽しみませんか。

ガラストレイルは、ヘルシンキから北へ向かって、リーヒマキ、イッタラを経由してヌータヤルヴィ、そして、フィスカルスを通ってムールラへと続きます。ガラスの製造工場やスタジオ、博物館やその展覧会、ガラス吹きやアーティストたちの仕事ぶりを見学したり、アウトレットショップやギャラリーでおみやげを選んだり、フィンランドの世界的に有名なガラスデザインの歴史や画期的で個性的なクリエイターたちのことを学んだり、1年中いつでも楽しむことができます。

ヘルシンキ:デザインがライフスタイル

多くのフィンランド人にとって、デザインガラスなしの生活は想像しがたいものです。それはどういうことなのかを理解するには、まずヘルシンキのデザイン地区、プナヴオリにあるアヌ・ペンッティネンのギャラリー・ノウノウに行ってみてください。フィンランドの多くのガラスデザイナーたちと同様、アヌもガラス製品の有名ブランド、イッタラで働いています。イッタラのガラス製品は、フィンランドの、ほとんど、どこの家庭でも使われています。ヘルシンキではエスプラナディ沿いにあるイッタラの旗艦店(住所Pohjoisesplanadi 25)と、デザイン博物館に行ってみましょう。 ヘルシンキのもう一つのデザイン地区、アラビアンランタもはずせません。そこには、イッタラの本社があり、アウトレットショップとアラビア博物館、そして、他のデザインショップも入った上品なデザインのアラビア・センターがあります。

リーヒマキ:フィンランドガラスの栄光

フィンランドガラスの生産と、ガラスアート300年の歴史の深さ、そしてその魅力を知るためにリーヒマキのガラス博物館を訪ねましょう。博物館では、フィンランド国内外のガラス作家の作品を鑑賞できるだけでなく、コンサートや蚤の市、ガラス・マーケットも開催されます。また、近くのガラス吹きが集まるヒュッティコルッテリ地区も、その歴史的な建物の素晴らしさも併せて、お見逃しなく。さらに旧ガラス工場内の新しいショップ兼ギャラリーのラシスミ(Lasismi)にも足を運んで、ガラス吹きという繊細なアートを自分の目で確かめましょう。

イッタラ:ガラス製造の中心

イッタラ村の名前は、ガラス製品を作るイッタラにちなんでつけられました。イッタラ・ガラス・センターのガラスの丘にあるメイン工場でツアーに参加すると、ブランドの代表的なガラス製品を作る工程を見学したり、博物館に展示されている歴史に名を残す作品を見たり、アウトレットショップで買い物を楽しむことができます。

ヌータヤルヴィ:ライフスタイルとしてのガラス

まるで絵のように美しい建物のあるヌータヤルヴィガラス村は、フィンランドで最も古いガラス工房があり、ガラスデザイナーたちや、ガラス吹き職人が集まり、ガラス工芸学校もある、フィンランド最大規模のコミュニティです。アーティストたちのスタジオや、NuGOギャラリーのような人気のスポットを見て回りましょう。ガラス吹きに挑戦するのもいいかもしれません。カイ・フランクの素晴らしいファクトリー博物館にもぜひ訪れてみてください。ヌータヤルヴィで1泊するのもよいでしょう。

フィスカルス:芸術とデザインの中心

ロマンティックな村、フィスカルスでは、ギャラリー・シリウスやオノマ・ギャラリー、そして、フィンランドのガラス工芸の巨匠、カイ・フランクとオイヴァ・トイッカと共に働いたタルモ・マーロネンの作品、ガラス吹き講座や彼の仕事ぶりを見学できるガラススタジオ・ブル・ビアンコなど、デザインガラスの多彩な楽しみが待っています。

ムールラ:おしゃれなアウトレット、おしゃれなガラス

観光客にあまり知られていませんが、見た目は控えめ、内装はおしゃれなムールラのガラス工房直営店は、素敵なところです。リストマッティ・ラティアやユッカ・リンタラと言った名高いデザイナーたちによるガラス製品や室内装飾品がお手ごろ価格で販売されています。

ディレクトリからさらに