フィンランドの国立公園を楽しむ

フィンランドの国立公園は独特の景観もち、保護地区となっています。国立公園への出入りは自由で、レクレーションのチャンスもたくさんあります。

フィンランドには39の国立公園があり、その面積を合わせると8,150㎢にもなります。国立公園は群島、湖、森、泥炭地の周りに広がり、急流や地溝帯、エスカーなど、その地域の多彩な自然を見せています。自然を保護することが国立公園の一番の目的ですが、基本的なルールを守れば、誰でも自由に国立公園のなかを探索することができます。国立公園では景観を楽しんだり、動物や植物を見つけたりする楽しみのほかにも、ハイキングやクライミング、スノーボードなど、多彩なアウトドアアクティビティが可能です。

ひたすら自由でワイルドに

本当に自由になるのに必要なのは、手つかずの大自然と、ちょっとした熱狂。

ひたすら自由でワイルドに