トゥルク - 元気いっぱいのデザイン

2011年の欧州文化首都トゥルクは、小規模ながらも、最高に面白いブランドに出会える街です。

ヘルシンキがしゃれていてモダンであるなら、トゥルクはもっと素朴でレトロです。少しナイーブながらも楽しくて、色彩や色調は暖か、ソフトで愉快というのが、デザイナーの作品のテーマです。すべてが心地よく遊び心に満ちていて、まるで子どもの頃に戻ったような気分になるのです。

トゥルクでは、色鮮やかな繊維製品から、古来のエレガントなテーブルウェアまで、様々なものが見つかります。製品は主として自然に優しい素材を使い、リサイクルも可能。多くの製品が手作り、かつ、フィンランドで生産されたものなので、生産過程の面でも環境に優しいと言えるのです。

 

 

群島と沿岸エリア

木造建築の並ぶ古くからの街並み、歴史的なマナーハウス、石造りの灯台、海と陸にまたがる国立公園、島々を結ぶフェリー、そして様々な海の生き物や野生動物が特徴の地域です。

群島と沿岸エリア