• ホグソーラの群島社会の日常生活

    ファルモース・カフェのストロベリーケーキはパウダーシュガーをかければ出来上がり

    カフェでのケーキ選び(多いときはディスプレイに10種類もあるときも)では、

    舌の越えたデザート愛好家でさえも不意を突かれます。ここで提供されるケーキは、

    ユルヴァ・エンベリが全て自分で焼いたものです。

  • 村の平和な夏

    村の中心部にある赤い家はかつて水先案内人の家だったところです。現在この建物はきちんと改修されて、皆に愛されるファルモース・ カフェ(おばあちゃんのカフェ)が入り、船に乗る人たちにごちそうと地上でのひとときを提供しています。

  • ホグソーラ港には古いボートハウスが点在

    ボートハウスではその昔、漁師や水先案内人の船を保管していました。今、このまるで絵に描いたような木造の小屋は夏の客人が利用し、船旅のための牧歌的な出船場となっています。

  • 夏の日を楽しむ羊たち

    この島では羊が飼育されていて、羊たちは、ここ土地のことならなんでもくまなく知っています。この裏手にはホグソーラのゲスト用のハーバーがあります。このハーバーは入り江にあるので嵐から守ってくれます。それゆえに船に乗る人がくつろぐには最高の場所なのです。

  • ホグソーラの家は赤茶色

    真夏になるまで、庭は見た目、質素です。それでも料理に使うルバーブやハーブが植えられています。夏の終わりになると庭はいろいろな色や匂いがあふれます。収穫期には食卓が豊かになり、料理人にとっては幸せな季節です。

  • ホグソーラの夏は外で食事

    小さな群島の村ではあちらこちらで一緒に食事する姿が見られます。住民は皆がお互いに知り合いなのです。ここで生まれ育った人もいれば、夏の間だけここに住む人もいます。食材はほとんど小さな庭で育てたものです。

  • うっとりする香りを放つライラック

    ほとんどの庭では初夏になるとライラックの花が咲きます。自分の庭にライラックを植えていない人でもご近所からの贈り物としてこの香りの良い花をもらいます。ホグソーラで一番古い家は1800年代初頭のものです。

  • 夏の日差しが質素なコテージの窓から差し込む

    窓から差し込む午後の光は、リネンのカーテンでフィルターにかけられ、いろいろな模様が生まれます。ごく近くから海の匂いも入ってきて、パステル色の花が安らぎを添えます。

  • 夏の食卓は目を楽しませる

    フィンランドの初夏の珍味ルバーブはいろいろなところで使われます。裏庭で採れたルバーブはこのさっぱりした紅色のサマードリンクの風味を豊かにします。ルバーブのパンチにスパークリングワインを少し加えます。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

ホグソーラの群島社会の日常生活

ヒルッティネン群島の中心にあるおかげで、ホグソーラは歴史に記述されるようになって以降、水先案内人のコミュニティとして知られてきました。父から息子へそのスキルを受け継ぎながら水先案内人の一族は皆、この島に住んでいました。

リラックスしたペースで楽しむ-徒歩で、車で、自転車で

ホグソーラには車や自転車も乗れるフェリーが運航していて便利です。車や自転車で20分も走ればこの島の生活のリラックスしたペースの醍醐味がすぐにわかるでしょう。

ここを訪れた人は港から徒歩または自転車で出発し、ホグソーラ村の質素な魅力を楽しむことができます。牛や羊は野原をのんびりと歩き、暑い日には横になって休んでいます。サイクリストが通り過ぎると、動物たちは彼らが残していった土埃を目で追います。

この島一番の待ち合わせ場所、そして群島で一番有名でステキなカフェは、ファルモース・カフェ(スウェーデン語で「おばあちゃんのカフェ」)です。焼きたてケーキの温もりのある香りがあたりに漂い、近くを通るサイクリストを誘惑します。

 

沿岸地域&群島

フィンランドの沿岸地域と、驚くほど美しい群島には、交通の便の良いいろいろな魅力的な場所があります。

More