フィンランドの ワイルドフードの専門家

フィンランドは、ワイルドフード好きにとってたまらない場所です。毎年冬から春に季節が変わると、シェフたちが北国で育つハーブや植物の緑あふれる近隣の森や草原、海岸に出かけて行きます。ベリーやきのこ、野生のハーブや野菜、魚、ジビエ、トナカイなどのワイルドフードは、北国フィンランドの自然の中で見つかるものです。

野生の食物を採集したことのないフィンランド人を探すことは容易ではありません。自然享受権のおかげで、フィンランドにはベリーやきのこを採集する強い伝統があります。何千もの湖と島のある国で釣りをするのは、非常に興味深いことです。フィンランドの狩猟文化は、狩猟クラブの活発なメンバーに基礎を置いています。ワイルドフードは、ほとんどエコロジカル・フットプリントを残しません。独特な味がします。ワイルドフードはしばしばスーパーフードとも考えられています。