• メランコリーとゆがみ 
    フィンランドのサウンド

    チェロでヘビメタをプレイするApocalyptica(アポカリプティカ)。

  • 戦のペイントをしてアコーディオンでヘビメタを奏でる女性を見られる場所は、フィンランドだけです。

  • タンゴは夏に大人気の屋外アクティビティ。

  • メタルをオペラの域まで持ってきたNightwish

  • 夏の夜にロックするドン・ジョンソン・ビッグ・バンド。

  • 覚悟しろ!

  • Children of Bodomのリーダーアレクシ・ライホ(Alexi Laiho)は、メタル界で最も尊敬を集めるギタリストの一人。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

メランコリーとゆがみ-フィンランドのサウンド

フィンランドのミュージックシーンは、フィンランドという国をそのまま表しています。世界でブームを巻き起こしているような大スターはいませんが、今後、音楽界を牽引していくかもしれない面白いアーティストたちがそろっています。

切望するような、憂鬱感すら漂うもの悲しいサウンドは、昔からフィンランドミュージックの特徴でした。 戦後まもなく登場した歌手から今を時めくアーティストに至るまで、重苦しく、人生で味わう悲しさを表現するのを特徴としてきました。

 フィンランドタンゴからロックまで

運命をはらむような表現で知られるタンゴは、フィンランド・ミュージックとダンスのカルチャーに深く根付いています。

音楽を創り出すときのもの悲しいアプローチは、フィンランドの若者がプロデュースする現代の様々なヘビメタにも共通するものです。HIMは、少しポップなザ・ラスムスや、チルドレン・オブ・ポドム、ナイトウィッシュなどのメタルヘッドと並んで、世界のロック界でも有名です。

 メタル王国

ここ10年ほどの間に、専門ラジオ局が誕生し、ヘルシンキで開催されるトゥスカ(Tuska)、タンペレのサウナ(Sauna)、カウハヨキで開催されるヌンミロック(Nummirock)などのフェスティバルも開催されるようになり、ヘビーメタルは、フィンランドのお家芸となりました。

フィンランドはユーロビジョン・ソング・コンテストで、2006年に、モンスター・ロックグループLordiで、一度だけ優勝したことがあります。

 

フィンランド・ラップ

フィンランドのラップが表現するのは、ユーモアからシリアスまで様々。しばしば社会や政治に対してメッセージが込められていて、ラップ・ミュージックが国からの賞を受賞したこともあります。

北欧最大のヒップホップイベント、ピペフェスト(Pipefest)は、中部フィンランドのスキーリゾート・ヤムサのヒモスで開催されます。また、ヨエンスーで開催されるフィンランドで最も歴史のあるロックフェスティバル、イロサーリロック(Ilosaarirock)のレントラヴァ(空飛ぶステージの意)は、ラップやその他のリズムミュージック専門のステージにです。

ヘルシンキ
より多くの
ディレクトリからさらに