ペッカ-大自然の中のデザイン・ファン 

フィンランドの極北の地、何もない人里離れた場所に、フィンランドのトップデザインが展示されています。

国際的なフォーラムでフィンランド・デザインの話をする際に、必ず話題に上るのは、独創的なデザインを生み出すのに、この国の極北の自然が、いかに大切かということです。そんな理由で、ラップランドの奥深く、インスピレーションの正に源となる場所で、フィンランドのトップデザインが見られるというのは、当然のこととも言えるでしょう。デザインハウス・イドリは、大自然の中にある、非凡なデザインスタジオです。このスタジオについて、創設者のペッカ・シルフォースの話を聞いてみました。 「デザインハウス・イドリの構想は、約20年前にスタートしました。その頃、私は妻のハンネルとヘルシンキで出会い、恋に落ちました。まさにその時から、私たちは、南部での喧騒の日々を忘れて、1年間の長期休暇を過ごすための場所を、北ラップランドで探し始めたのです。イナリ湖畔で木こりが使う古い山小屋を見つけ、少し手を入れて、家にしました。」

ラップランド

ラップランドではスキーリゾートや街の喧騒とありのままの大自然の静けさの切り替えがあっという間にできます。

ラップランド