ポリ - 北のリビエラ

コケマエンヨキ川に沿った海辺に位置し、1558年からの変化に富んだ歴史を持つポリには、見て、体験して楽しむものがたくさんあります。昔は、ヨーロッパの文化、スパイスや高級ワイン、布などのぜいたく品が、ポリを経由して、フィンランド西部にもたらされました。

その歴史を通じて、ポリは9回もの大火災を体験しました。最も最近では、1852年に、街の4分の3の建物が消失したのです。現在の街を交差する広い通りは、このときにできたもので、街の一つの区画から他の区画へ火災が広がるのを防ぐことが目的でした。今日のポリは、のんびりした雰囲気を保ちながらも、活気ある街で、エネルギッシュなレジャーにも、家族でのホリデーにも、自分のための時間や静かな時間を楽しむにも、一人でも、誰かと一緒でも、素敵な時間が過ごせる場所です。自然と水辺で過ごす心落ち着く時間も、活気あふれる街中での文化的なイベントも、簡単に組み合わせることができます。

スクロールダウンして、ポリの魅力をお楽しみください。

群島と沿岸エリア

木造建築の並ぶ古くからの街並み、歴史的なマナーハウス、石造りの灯台、海と陸にまたがる国立公園、島々を結ぶフェリー、そして様々な海の生き物や野生動物が特徴の地域です。

群島と沿岸エリア