沈まない太陽を楽しむ10のアイディア

フィンランドの夏はなんとも素晴らしい季節です。北極圏まで行けば、2~3ヶ月の間沈まない太陽を見ることができますし、6月から7月にかけては南の地方でもほぼ24時間日が出ているのです。

白夜、つまり真夜中でも太陽が沈まない理由は、太陽の周りの軌道と地軸の傾きの関係にあります。その結果、北極点と南極点では、1年に一度しか日の出と日の入りがないのです。フィンランドでは、6月から7月にかけてが白夜のシーズンです。北に行けば行くほど、太陽が地平線の上に留まる時間が長くなります。最も北の地域まで行けば、5月から8月まで沈まない太陽を見ることができます。

夜になってもほとんど昼間と同じように明るいので、普段日中にしていることは夜でもできます。この期間の昼と夜の一番の違いは日の光の性質がだいぶ異なることです。夜の太陽は、日の出と日の入りのときに見られるような赤みを帯びた黄色で、周りにあるすべてのものを何とも言えない暖かくて明るい色に包み込みます。

長くて明るいフィンランドの夏の夜を楽しむアイディアを集めてみました。お楽しみください!