• スノーモービル初心者は、ガイド付きツアーに参加すると良いでしょう。フィンランド国内のガイド付きツアーでは、二時間ほどのものから、数日にわたってツーリングするプログラムまでさまざまなものがあります。専門ガイドが同行すれば、安全にツーリングできますし、運転に集中して、楽しめること間違いなしです。

  • 世界中の向こうみずの人たちが、究極のスノーモービルを娯楽(そして危険)に変えてしまいました。初雪が積もると、スノーモービル愛好家たちは、こんなふうに離れ業ができるくらい雪が積もるのを今か今かと心待ちにします。アドレナリン・ラッシュっていう状態になるんでしょうね。

  • スノーモービルは、ワイルドで楽しいアウトドア・アクティビティですが、走行には交通規則があります。自然を守るために、通行してよいルートはサインで表示されており、また、個人所有の土地には、所有者の許可がない限り入ってはいけません。沼地や森の中のコースでは、制限時速は60キロ、氷上では80キロと定められています。

  • 凍った水路ではスノーモービルで自由にドライブできますし、よい練習場にもなります。エンジンの回転数を上げて、スノーモービルのスキー部分がどのように動くのかが分かると楽しみの幅も広がるでしょう。大いに楽しんでください。でも、調子に乗りすぎないように。

  • スノーモービルのドライバーには2種類のタイプの人たちがいます。とにかく速く走らせたいタイプの人たち、そして、風景を楽しむようにドライブする人たち。凍った沼や湖でスピードを出して走り回るドライバーたちを非難することなどできません。誰でも間違いなく興奮することですから。一方のんびりとした速度で、広々とした風景や、白銀に包まれた森の中を巡ることもきっと素晴らしい経験になること間違いなしです。

  • スノーモービルには運転手の他にもう一名乗れますが、そりを取り付けると、もっとたくさんの人たちと一緒に移動するがでます。家族連れや友人同士の場合は、2 – 3台のスノーモービルでツーリングに出かけます。途中でドライバーを交替すれば喧嘩も避けられます。もちろん、一人ででかけることもできますが、みんなと出かけるときのような楽しみは味わえません。幸せの醍醐味は分かち合うことなのですから。

  • スノーモービルのエンジンは、ますます環境配慮型になっています。自分たちがお気に入りの場所を、保全したいと思わない人はいませんよね。ツーリングの際に持って行ったものは、すべて持ち帰るということを忘れないでください。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • スノーモービルに乗る男・ユッシ

      スノーモービルに乗る男・ユッシ

      フィンランドの形を地図で確認してみてください。この国がなぜ、「フィンランドの乙女」と呼ばれているのか、すぐに分かると思います。フィンランドで、海抜が1,000メートル以上の場所があるのは、乙女の親指の先の部分だけなのです。そんな場所にあるのが、キルピスヤルヴィという小さな村で、そこに年間を通じて住んでいるのは、およそ100人ほど。
      そのうちの一人が、スノーモービル・ガイドをしている、25歳のユッシ・ラウハラなのです。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

スノーモービルに乗って大自然に踏み込もう

スノーモービルは、雪上でバイクに乗るようなもので、多くの人がこんなに面白いものはないといいます。白銀で覆われた森の中を馬力のあるバイクに乗ってドライブすれば、あなたもきっと夢中になるはずです。

冬の自然の中ではまさしくすべてのことがマジカルです。スノーモービルでその大自然の中に踏み込めばまた違った感覚が味わえるでしょう。スノーモービル体験は6ヶ月にわたる冬の間ならいつでもできますが、一番のお勧めは日も長くなり晴れた日の多い春。春は素晴らしい自然の美しさがルート沿いのそこここで見られる季節です。

楽勝です!運転は簡単

スノーモービルを乗りこなすためにはガイド付きツアーに参加するのが一番よいでしょう。最初のレッスンはとても簡単。左がブレーキ、右がアクセルです。しかし、通常の運転では、ブレーキをかける必要はほとんどありません。

経験者は、スノーモービルをレンタルしたくなるかもしれません。ガイド無しでドライブに出かける場合、ルートと運転方法をくれぐれもよく確認してから出発してください。魅力的なレース用スノーモービルは、パワーがあるのでご注意を。

最初は安全運転でもすぐに中毒に

スノーモービルを運転する際、安全性について軽く考えてはいけません。いかなるときも、ヘルメットは着用しなければなりませんし、前後のドライバーとは常に十分安全な距離を保たなければなりません。走行途中に冷え込むことも考えられますので、着用する衣服には十分配慮してください。ここで、きちんとした服装をするということは、おしゃれをするということではありません。シャツは、しっかりとズボンに入れ、手袋もしっかり袖口に入れ、フリースやジャケット、ズボンのジッパーはきちんと閉めましょう。

スノーモービルでの走行は、想像以上に体に負担がかかります。走行面は、平坦とは程遠く、上半身のバランスをとるために常に膝を曲げておく必要があります。

走り始めて15分ほど経つと、当初の緊張感が解け、スピードにも慣れ、今まで目にしたことがないような美しい風景をスオーモービルに乗りながら楽しむことができるようになるでしょう。そのスリルは爽快で、中毒になってしまおうかもしれません。さあ、出発しましょう!

 

自然と自由と

本当に自由になるのに必要なのは、手つかずの大自然と、ちょっとした熱狂。

自然と自由と
ディレクトリからさらに