• レンローティンカトゥ通りのヴァンハ・ポリ(ヘルシンキ)

    ヴァンハ・ポリビル、現グロ・ホテル・アートにはユーモアと壮大さの両方を象徴するものが豊富にあります。

  • アレクサンテリンカトゥ通りのポホヨラ・ビル(ヘルシンキ)

    気持ち悪いほどに心地良いクッレルヴォの曲線美豊かな唇にキスすると事故を絶対に防げるという都市伝説があります。

  • フィンランド国立博物館(ヘルシンキ)

    国立博物館の玄関広間のおとぎ話に出てくるようなカレヴァラのフレスコ画を見つめていて、J.R.トールキンは指輪物語シリーズを書くインスピレーションを受けました。

  • ウニオニンカトゥ通りの階段(ヘルシンキ)

    ツーリスト・インフォメーション・オフィス横のカフェ・ユーゲンド(Café Jugend)で地元のリンゴジュースとおいしいサラダを食べて、その反対側にあるヘルシンキで一番大胆な階段に立ち寄ってみましょう(いつでも開放されています)。

  • ライヴリンカトゥ通りのヴィラ・ヨハンナ(ヘルシンキ)

    町を一巡するトラム3Bに乗って一風変わったエイラ病院で下車し(そしてもう一度乗って)ヴィラ・ヨハンナ(Villa Johanna)で降りましょう。ここは北欧を最も象徴する住宅で、近隣も様式があふれています。

  • ルオツィカトゥ通りの階段(ヘルシンキ)

    カタヤノッカ地区を歩くと、不思議な生き物やおとぎ話に出てくるようなエントランスが目についたり、色鮮やかな古めかしい階段が見え隠れしています。

  • ヘルシンキ中央駅

    1909年にエリエル・サーリネンが設計したこの鉄道駅は、後にアール・デコ様式として知られるようになったものの、最も早い時期の純粋なスタイルの例の一つです。

  • カッリオ教会(ヘルシンキ)

    カッリオ教会は全体にかわいらしさが散りばめられた建物で、正午と6時には7個のカリヨンがシベリウスのメロディーを奏でます。

  • ヴィットレスク博物館(ヘルシンキ近郊キルッコヌンミ)

    建築家エーロ・サーリネンがロマンチックでクリエイティブな三角地帯の中で育ったヴィットレスクは、ナショナル・ロマンティシズムの宝庫です。

  • ヴィサヴォゥオリ博物館(タンペレ近郊ヴァルケアコスキ)

    ヴィサヴオリには偉大な彫刻家エミール・ウィクストロムの元自宅とアトリエがあります。

  • タンペレ大聖堂(タンペレ)

    タンペレ大聖堂は、ナショナル・ロマンティシズム神秘主義の崇高な最高傑作です。

  • ミカエル教会(トゥルク)

    ミカエル教会はラーシュ・ソンクがわずか23歳の時に設計した教会です。このはつらつとした喜びにあふれた場所は訪ねる価値が十分あります。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

「ストーリーブック Helsinki and Beyond」

ヘルシンキやフィンランドの建築が議論にあがると、ほとんどの人はアルヴァル・アールトによる現代主義建築のクリーンでシンプルなラインを思い浮かべます。このほかにもフィンランドではアール・ヌーボー、ユーゲントシュティル、アーツ・アンド・クラフツ、さらにはアール・デコ時代の建物やランドマークなども同様に注目されます。

駐フィンランド米国大使の妻コーディ・オレック(Cody Oreck)はヘルシンキに着任するとすぐにこのことに気が付きました。「フィンランド人は気づかないかもしれませんが、フィンランドを訪れる私たちにとって、フィンランドという場所はちょっと曲者だけれど魅力満載の場所です」と話しています。自分が見た物に触発されて、彼女は若きルーマニア人写真家オクタヴィアン・ヴァレア(Octavian Bâlea)とともに大きなピクチャー・ブックを編集しました。本のタイトルは「Storybook Helsinki and Beyond-外国人として私たちが見つけたかったけれどもできなかったもの」。この作品に使われた写真はすべてフィルム撮影されており、暗めの色調でフィンランドの首都と、あまり知られていないけれども詳しく探る価値のあるその他の地域(=「and beyond」)の風変わりな側面を写し出しています。「ストーリー」(=The story)とは、この公衆の芸術や建築が、世界と、そしてフィンランド人自身に語りかける物語という意味です。1917年に宣言されたフィンランド独立へつながる章の、スウェーデン人やロシア人ではなくフィンランド人であること、とはどういうことかというストーリーは現在もなおこの地を訪れる人に語りかけています。

 

ヘルシンキ

450年の歴史と伝統にコンテンポラリー・デザインと流行がうまく融合している街ヘルシンキは、ヨーロッパのモダン都市。フィンランドの首都は、ストレスを感じることがない、居心地がよくて、こじんまりとした街です。

詳細情報
Services in the area
ディレクトリからさらに