タンペレ – フレンドリー&カジュアル

人口20万超のタンペレは、フィンランドでは大都市と言えますが、それでも小さな街のような雰囲気を保ち続けています。街の中心はコンパクト。そして、フレンドリーかつカジュアルな魅力でいっぱいです。

2つの湖に挟まれた細い地峡で、美しい景観に囲まれているタンペレ。タンメルコスキ川とその河岸を背景にした、古い産業ビルや古代の海、後退していく氷河によって何千年も前に形成された海嶺、そして2つの湖がすばらしい景観を作り出しています。伝統の建築物と新しい都市開発が見事に融合し、この地を訪れる人々、そしてこの地に暮らす人々を楽しませています。 周囲の湖を、のどかな漕ぎボートやさらに大きなボートでクルーズしたり、観光バスから街を眺めたり、楽しみ方は様々です。

湖水地方

湖水地方は陸地よりも湖水の面積が多い地域です。この地域の中心にはフィンランド最大の湖であるサイマー湖があります。湖岸にはいくつかの都市があり、湖は絶滅の危機にあるサイマーアザラシの生息地です。

湖水地方