• 友だちと楽しむヘルシンキの週末

    夏のピクニック

    夏の季節に若い世代がピクニックを楽しむ人気の公園の一つ。シネベリコフ公園(Synebrychoff Park)。

  • 新鮮で美味

    デザイン・ホテルであるホテル・クラウスK (Klaus K)は、お部屋ごとに内装が違います。その内装よりも注目すべきは、新鮮でおいしい朝食です。

  • ヘルシンキの最先端ショッピングスポット

    ヘルシンキの最先端ショッピングスポットと言えば、ビーム(Beam) とヘルシンキ・テン(Helsinki10)。ヘルシンキ・テンには、若者向けの最新ファッションのほか、ビンテージ・ファッションと生活雑貨も。

  • ヘルシンキ百景

    レストラン・トルニ(Torni)でコーヒーを楽しみながら、ヘルシンキを一望。

  • 気軽にショッピングを

    タックスフリーを利用して、気軽に楽しくショッピングを。

  • レストランでタイムスリップ

    1934年創業のシーホース(Sea Horse)は古き良き時代のフィンランド・レストラン。店に一歩足を踏み入れると、タイムスリップしたように感じるでしょう。

  • 絶品料理

    シーホース・レストランのおすすめメニューは、フローズン・クランベリーのホットカラメルソース添え。

  • 魅惑のマリメッコ

    テキスタイルとすっきりとしたデザインで世界に名を馳せるマリメッコ。

  • お土産を買うなら

    あらゆる食料品やお土産品、フィンランド独特の料理も食べることができるマーケット広場もヘルシンキっ子たちに会える場所の一つです。

  • 便利な国際列車

    ヘルシンキからサンクトペテルスブルクまで、高速列車アレグロ(Allegro)なら、わずか3時間半で到着します。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • フィンランドのおいしいもの

      フィンランドのおいしいもの

      フィンランド人は、フィンランドに昔からある食べ物が大好きでで、それらをどんな風に楽しむのかもよく知っています。彼らは、自分たちの食のルーツに驚くほど忠実です。今となっては、フィンランドにおいても、様々なものが手に入りますが、せっかくフィンランドを訪れるなら、ぜひ地元の伝統的な食べ物を味わってみてください。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

友だちと楽しむヘルシンキの週末

ヘルシンキで週末を楽しむ方法をご紹介しよう。ヘルシンキは、食事とショッピングを楽しめるのはもちろんのこと、リラックスするためだけに時間を過ごすのにもぴったりの街。

個性的なホテル

ヘルシンキで個性的なホテルといえばBulevardi通りにあるホテル・クラウスK(Hotel Klaus K)。一室ごとにデザインが違う個性あふれるホテルです。そして、ホテルの自慢は朝食。焼きたてのパン、新鮮で種類が豊富な魚、肉、野菜が揃う朝食はこのホテル自慢のサービスです。

美味しくておしゃれなレストランとカフェがひしめくヘルシンキ

評判のよいレストランといえば、グロテスク(Grotesk)。行き届いたサービスと美味しい料理はもちろん、中庭がくつろぎの空間も演出します。 きらきらと輝くヘルシンキ湾と美味しいコーヒー、そして、ヘルシンキの街を一望できるロケーションといえばレストラン・トルニ(Torni)。ヘルシンキの中心地にある古い建物の最上階にあります。

歴史あるレストランで過ごす厳かな時

定番フィンランド料理を楽しむなら、コスモス(Kosmos)かエリテ(Elite)、または、シーホース(Sea Horse)がおすすめ。シーホースは、1934年創業。長い歴史に培われた美味しい食事が楽しめるだけでなく、その雰囲気は、まるでタイムマシンに乗ったようです。

タックスフリーで気軽にショッピング

フィンランドでは、気軽にショッピングを楽しむことができます。ショッピングを楽しむために忘れてはならないことは、多くのショップが遅くまで営業していないこと、小さなブティック系ショップなどは、日曜日がお休みのお店が多いことです。フィンランドで最も有名なデパートと言えばストックマン(Stockmann)。時計のある正面入り口は、フィンランド人の間では待ち合わせ場所としても有名です。

フィンランドの代名詞、フィンランド・デザイン

フィンランド・デザインがまとまっている場所と言えばデザイン博物館。マリメッコのショップもフィンランド・デザインに親しめる場所だ。フィンランドのファッションブランドとして最も有名なマリメッコ。世界的にもテキスタイルとすっきりとしたデザインのブランドとして知られている。その他、現代アート博物館キアズマ(Kiasma)もはずせないスポット。

そして・・・カラオケ!?

老若男女に人気があるものと言えばカラオケ。ヘルシンキでカラオケを楽しみたい場合はカラオケ・バー・レストルームがお勧め。レストルームという店名からわかるとおり、元公衆トイレがカラオケボックスに変身!カラオケで、心の底からシャウトするフィンランド人に遭遇すれば、フィンランド人と言えば物静かで恥ずかしがり屋という固定観念を覆されるでしょう。

DJ付き音楽を楽しみながらブランチはいかが

最近の若者たちに人気の週末の午後の過ごし方は、DJ付きの音楽を楽しみにながら美味しいブランチを楽しむというスタイル。カッリオ地区(Kallio)のバー・シルタネン(Siltanen)がこのトレンドの発信地だ。バー・シルタネンでは、お店特製のハンバーガーを、フィンランドの60年代から70年代のヒット曲をDJの案内で楽しめる。ちょっと気怠い週末の午後にぴったりの場所だと思いませんか。

美しく公園が多い市内

夏の季節に若い世代がピクニックを楽しむ人気の公園の一つがシネベリコフ公園(Synebrychoff Park)です。ヘルシンキ市民がくつろぐ様子を垣間見るにはうってつけの場所です。街のど真ん中に位置し、あらゆる食料品やお土産品、フィンランド独特の料理も食べることができるマーケット広場もヘルシンキっ子たちに会える場所の一つです。

ヘルシンキ

他国の主な首都と比べ、ヘルシンキの鼓動はゆったりとして緩やかです。市内の観光名所や人気スポットのほとんどは徒歩圏内にあります。公共交通機関は快適で信頼性が高く、ヨーロッパの中でも上位にランクしています。

Services in the area
ディレクトリからさらに