• 灯台守のパウラ

  • ベンクショー灯台はフィンランドの南端にあります。樹木のない小さな島に立っています。何百万年もの間に海が岩肌を削り、丸みを帯びた曲線を描いています。

  • 1906年に建てられたベンクショー灯台は北欧諸国で一番高い灯台です。1941年の戦争時、この島をめぐって非情な戦いが行われ、その痕跡は塔を登る階段の上に今も見ることができます。

  • パウラ・ウィルソンは夫とともにこの灯台に16年住んでいます。2人はこの灯台を管理しながら、6月から9月はここで小さなホテルを経営しています。

  • あらゆる場所から何キロも離れたこの孤立した島は魅惑的なスポットです。夏は夜でも明るいのです。

  • 「われわれは、いわば海に面と向かっているんだ。人間が住んでいるのは、われわれよりはるかにうしろの方、本土にずっと近い島の上さ。すばらしいじゃないか。そう思わないかい」-ムーミンパパの言葉

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

灯台守 パウラ

フィンランド人にとってベンクトゥシャール島の灯台を訪れるのは巡礼に行くようなものです。人生のどこかで誰もがやらなくてはならないことなのです。ここで灯台守を務めるパウラ・ウィルソンがその不思議な魅力を語ります。

「これはいままでたったなかでいちばん大きな灯台だろうな。これがさいごのさいごの島だということが、おまえたちには信じられるかね。このむこうには、だれも住んでいないんだ。海のほかにはなにもないのさ。われわれは、いわば海に面とむかっているんだ。人間が住んでいるのは、われわれよりはるかうしろのほうの、本土にずっと近い島の上さ。すばらしいじゃないか。そう思わないかい?」

-トーベ・ヤンソン作「ムーミンパパ 海へ行く」よりムーミンパパの言葉

(「講談社 ムーミン童話全集7 小野寺百合子訳より)

 

その独特の魅力

私が初めてベンクトゥシャールを訪れたのは1968年の夏で、夫と婚約したばかりの時でした。消しさることのできない衝撃をすぐに受けました。どこからも、何マイルも離れたこの孤立した島が魅力的な場所に思えました。まるで自分の体は海の上にあるのに、足はまだしっかりと陸の上にあるかのようです。

灯台の再生

かつて私が感銘を受けたこのベンクトゥシャールの灯台は、1990年代初めまでかなり荒廃した状態で25年間無人でした。夫と私はこの建物の所有者であるトゥルク大学に、この場所を再生し、新たな命を吹き込んでほしいとお願いしました。それ以降、私たちはこの建物を元の状態に修復し、自らここを借り受けて観光客向けのミュージアムとして運営しながら、ここに16年間住んでいます。私たちはこの灯台を管理しながら、建物の中で小さなホテルを経営しています。うれしいことにここには1907年に建てられた花崗岩でできたサウナがあって、夜になると宿泊客がここで体を温めます。

歴史的に重要なランドマーク

ベンクトゥシャール灯台は北欧諸国で一番高い灯台です。印象的でロマンチックなこの国のランドマークは、フィンランドの歴史で重要な役割を果たしてきました。この灯台は1906年に建てられ、冬戦争まではこの島に1年を通して5家族が住んでいました。1941年に継続戦争が始まると、この場所をめぐって非情な戦いが行われました。その痕跡は今も見ることができます。今もこの壮絶な過去が残した雰囲気を感じとることができます。この建物の歴史、そしてこの島にかつて住んでいた人の運命は、ここを訪れる人に深い感銘を与え、住民の心から消えることはありません。

自然のままの美しい場所

ベンクトゥシャール島は小さくて、樹木も生えておらず、面積はわずか2ヘクタールです。何百万年もの間に海が岩肌を削り、丸みを帯びた曲線を描いています。あちらこちらに小さな入江や岩には穴があり、鳥の巣を見つけることができます。夏には何百羽もの鳥がここで暮らします。しかし本当に印象的なのは天候が絶えず変わることです。海のはるか向こうはとても穏やかなのに、次の瞬間、巨大な波が岩に打ち付けることもあります。

どなたにもお越しいただけます

ベンクトゥシャールは我が家ですが、一番大切なのは、この灯台がすべてのフィンランド人のものだということです。文化財の一つであり、国内にある城や教会と同じように国の宝なのです。この灯台は6月から9月まで毎日一般に公開されています。

 

アルキペラゴと海岸エリア
もっと詳しく