フィンランドのワイルドフード

フィンランドのワイルドフードは、純粋、シンプル、旬のもの。南部からラップランドの最北端まで続く深い森に加え、海、群島地域、何千もの湖のある場所、島々、あらゆる場所でゆっくり自然に育ち、季節ごとにすばらしい味わいをもたらしてくれます。

フィンランドは長い間遊牧の国で、漁獲、狩猟、採食がライフスタイルの一部でした。そんなライフスタイルは今でも受け継がれ、現代の食文化の基礎となっています。気候が極端に変わるフィンランドの生活において、食はまさに肝心なものです。北欧の土壌と気候からこの土地ならではの植物と野生動物が生まれ、それらはレストランに行く途中でも見つかるほどですが、現在に至ってはいまだかつてなかったほど素晴らしいものと考えられるようになりました。