• 雪のヘルシンキで遊ぶ

  • 雪が町全体を明るく照らすと、スノーボードやスキーを楽しむ人たちが思い思いに活動を

    始めます。

  • ヘルシンキには、市に中心部から少しバスに乗るだけでクロスカントリースキーができる素晴らしい場所があります。街の中心市から約9キロのパロヘイナ・レクリエーション・センターを目指し、そこでスキーを借りて冬の森の中のコースを滑りましょう。パロヘイナはバスの66番と66番Aの終点です。

  • 寒さを楽しむ一番スリリングな方法の一つにスケートがあります。凍った海の上でスケートをするのは大変すぎるという場合は、街中のアイススケートリンクであれば徒歩や公共交通機関でアクセスも簡単です。

  • 街中でそり遊びができる場所として一番人気なのはカイヴォプイスト公園です。ブレバルディ通り沿いのシネベリコフ公園もとても人気があって、いずれも街の中心地近くにあります。ヘルシンキ市立劇場近くの公園の中にあるトイネン・リンヤにも良いスポットがあります。ここは特に近所の子どもたちに人気で、市内交通の要であるハカニエミを通るトラムやバスを使えば簡単にアクセスできます。

  • フィンランド人の真似をして、プルッカ(pulkka)を使ってそり遊びをしてみましょう。プルッカはヘルシンキ市内の大きな店ならばどこでも買えます。レンタルはできませんが、プラスチック製のそりならば値段は10ユーロ程度です。

  • 凍った海の上を歩いて、カイヴォプイスト公園前の島、ウーニサーリを目指してみましょう。もう一つの人気スポットはムンッキニエメンランタです。ムンッキニエミ行きの4番トラムに乗って浜辺を目指していけばすぐ着きます。でも安全第一に行動してください。必ず印のついたコースに立つようにしましょう。氷の上にほかの人が誰もいなければ、たぶんやめておいた方がいいでしょう。

  • 氷にあけた穴の中で泳ぐなんて聞いたら馬鹿げていると思うかもしれません。信じる、信じないに関わらず、科学的にからだに良いと証明されています。ハカニエミの広場から歩いてすぐのところにあるメリハカの公共サウナに行くと、冬のバルト海でひと泳ぎできます。ラスティラキャンプ場には地下鉄でも簡単に行けて、ここには質の高いサウナがあり、氷にあけた穴の中で泳ぐこともできます。

  • フィンランドは大都市圏ですが、人里離れた場所で過ごす素敵なひと時も簡単に手に入れることができます。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • おすすめ!クロスカントリースキー

      おすすめ!クロスカントリースキー

      フィンランドにとって、クロスカントリースキーは、ある意味、全国民が楽しむスポーツと言えます。クロカンは、誰でもできますし、頑張ろう、と思ってしまう美しい冬景色の中で行う、心と体にとてもよいスポーツです。

    • ラップランドでスキー

      ラップランドでスキー

      山のあるラップランドはフィンランドのスキーエリアの中心。変化に富む地形で、どんなレベルのスキーヤーやスノーボーダーでも楽しめます。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

雪のヘルシンキで遊ぶ

雪が降ると、のどかな夏の町はすっかり様変わりしますが、同時に素敵な時間を過ごすチャンスができて生き生きとします。ヘルシンキは可能な限り最高の方法でこれを体現できる小じんまりとした町です。期待にあふれた静けさの中で雪が町を包み込むと、すぐ近くに楽しいことがいつでもあるので、遠くまで出かける必要はありません。

雪のヘルシンキの一番のお奨め:

街中の森を見る・・・スキーで !

ヘルシンキほどクロスカントリースキーが簡単にできる大都市は他にありません。ヘルシンキには総計で約200㎞近くにもなるよく手入れされたクロスカントリーが楽しめる道が街の至る所に通っている。息づかいや遠くの通りを行き交う音など一番ありふれた音でさえ、冬の森の中で聞いたり、遮断したりすると神秘的な感じがします。

街の真ん中でスケート

いったんコツをつかんだら、寒さを楽しむ一番スリリングな方法の一つは間違いなくスケートです。自然の静寂あふれるトゥースランヤルヴィ湖あるいはヴオサーリ沖の海に出かけてもよいですし、中央駅近くのアイス・パークで街の真ん中でのスケートを楽しむこともできます。その他の人気スポットには、プナヴオリ地区の聖ジョンズ教会すぐ隣のスケート場があり、カッリオ地区のブラーヘンケンッタ・フィールドも有名です。ここではスケート靴のレンタルもできます。

プルッカ(pulkka)って何?

そり遊びと似ており、これほど興奮して子どもに戻れる遊びはありません。特に興奮した小さな子どもと一緒に滑ればですが。トボガンみたいなものですが、ここではプラスチック製のそりを使い、あちらこちらに即興のコースが現れます。一番人気のある場所の一つはカイヴォプイスト公園です。この公園の雪の丘を何百年もの間多くの人が滑り降りました。

氷から出て火にあたる

寒中水泳には、ストレス耐性が改善され、インフルエンザへの抵抗力が高まったり、血液循環がよくなったりするなど、健康上のメリットがたくさんあります。にわかに信じられないという方は、1日元気に動いた後に凍った海に飛び込んで、その後、公衆サウナで冷たくて疲れた体を融かしてみましょう。ハルユントリ・サウナとサウナ・アルラはヘルシンキで最も立派なサウナに数えられています。2つともカッリオ地区内にあって、市の中心部からトラムで簡単にアクセスできます。サウナの後はカッリオ地区の素敵なバーやおいしい料理をお愉しみください。

氷と雪の芸術

氷と雪の芸術 まつり(Art Meets Ice)はコルケアサーリ動物園で毎年行われるイベントです。このイベントの呼び物は数カ国から集まったレベルの高い氷の彫刻家たちです。誰にでも自分の内に秘めた彫刻家魂を雪で表現するチャンスがあります。特に子どもや“自称”若者であれば誰でも挑戦できます。町中の公園でお城や幻想的な生き物の彫刻をつくることが奨励されています。

日帰り旅行

ヘルシンキの街には至るところに小さな丘が点在します。多くの場所は、そり遊びにぴったりですが、もっと本格的な斜面でスキーやスノーボードをしたい場合は、ヘルシンキの外に出なければいけません。ヘルシンキの外と言ってもそれほど遠くはありません。ヴィヒティ、タルマ、メッシラにはのんびりとした素敵なコースがあり、コンクリート・ジャングルを抜け出し、楽しい日帰り旅行ができます。

その他、ヘルシンキ郊外の自然の宝庫、ヌークシオ国立公園が人気のある日帰り旅行の行先です。この公園はヘルシンキからわずか35kmのキルッコヌンミにあり、森や湖の素晴らしい景色が広がる45平方キロメートルの土地に、歩くための標識のついたコースと料理のできるラーブが完備されています。

水上でウォーキングやスノーカイト

危ないことはせずに、ちょっと散歩するだけでももちろん構いません。冬のよく晴れた日にヘルシンキ沖の凍ったバルト海の上を歩けば忘れられない思い出となります。セウラサーリ近くの海、特にムンッキニエミあたりは、カイヴォプイスト沖と同様にウォーキングの人気スポットです。思い切ったことをしたい場合は、スノーカイトにトライしてみましょう。ラウッタラーリのカシノランタビーチは地元のスノーカイト愛好家に一番人気のあるスポットです。ウォーキングやスノーカイトで楽しんだ後は、魔法瓶いっぱいに用意しておいたホットチョコレートを飲めば完璧です。

 

ヘルシンキ近郊
もっと詳しく
Services in the area
ディレクトリからさらに