VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

ヌークシオ国立公園でカヌーアドベンチャー

ヌークシオ国立公園の湖で、やすらぎの森を楽しみながらリラックスしてカヌーを漕いでみましょう。経験豊富なガイドが安全なカヌーの漕ぎ方を初心者でも分かるように指導します。途中、湖畔でおやつを食べながら休憩します。湖で泳ぐこともできます。

コロヴェシ国立公園でガイド付きカヌーツアー

プロのガイドと一緒にコロヴェシ国立公園での1日カヌーツアーをお楽しみください。モーターボートの使用が禁止されている場所なので、大自然に囲まれて静かな環境でカヌーを体験できます。ガイドが初心者にも分かるように安全なカヌーの漕ぎ方を指導します。ウコンヴオリの丘で短い休憩をして5000年前の岩窟壁画を見に行きます。コロヴェシの静寂の中でのカヌー体験は忘れられない思い出になることでしょう。希少動物であるサイマーアザラシにも会えるかもしれません。

サラマヤルヴィ国立公園の大自然をハイキング

サラマヤルヴィ国立公園は、フィンランド南部にあるラップランドのような場所です。広大で人の住んでいないエリアは、多様性のある湿地の生態系と野生動物でよく知られています。GPSツアーは、コイラサルミネーチャーインフォメーションハットでの宿泊がついた5日間の自然体験ツアーです。 事前にセットされ、地図、コンパス、コース案内の役割を果たすGPSがガイドです。緊急時用の携帯電話、コースの地図と見所が分かる自然ガイドブックも含まれています。

シュオテ国立公園

森が広がるシュオテの丘で、様々なアクティビティを楽しみましょう。雪に覆われた冬の森をスキーでトレッキングしたり、マウンテンバイクでコースを回ってみましょう。公園の中心にあるアハマトゥパのログキャビンサウナは、心と体を癒やすのにぴったりです。アウトドアライフを楽しみましょう!

国立公園のパッラスヤルヴィ湖ツアー

パッラスヤルヴィ湖は、国立公園の真ん中にある大きな湖です。認定国立公園ガイドと一緒に美しいパッラス・ユッラスの丘の景色を楽しみませんか。カワヒメマスやマスなどの釣りを楽しむこともできます。夏の終わりには、クラウドベリーやブルーベリー、コケモモなど野生のベリーを湖の周りで摘むことができます。ツアーにはピクニックランチも含まれます。

リンナンサーリ国立公園の冬を楽しむ

リンナンサーリ国立公園とカールネトゥサーリで冬のアクティビティを楽しみましょう。スケート、スキー、スノーシュー、キックスレッジ、そりの中から好きなものを選んでカールネトゥサーリに向かいます。島でスノーシューやウィンターフィッシングも体験できます。フィッシュスープまたは狩猟肉のスープをキャンプサイド、または、室内で楽しみます。

国立公園でミッドナイトスイム&ラン

泳いだり走ったりしたい衝動に駆られたら、ユッラスで挑戦してみましょう!ユッラスでは昼も夜も太陽の日差しが注いでいます!パッラス・ユッラス国立公園のトレイルを走り、大自然の水でクールダウンしたり泳いだり、さらに走って泳いで、サウナを体験しましょう。素晴らしい風景と幅広いサービスが楽しめます。少し難しいコースと簡単なコースがあり、どちらも冷たいラップランドの水に浸かる体験ができます。ほかではできないミッドナイトスイミング&ランニングイベントに参加してみませんか。

パトゥヴィンスオ国立公園

パトゥヴィンスオの沼地では、人を避ける習性のあるクマを遠くに見かけることもあるかもしれません。見晴台からは、秋の霧に包まれた朝の沼地や、夏の明るい夜、あるいは、春に群がる鳥を見ることができます。歩き疲れたら、一泳ぎしたり、スオムヤルヴィの湖畔のサウナでリラックスしましょう。

Evo ハイキングエリア

Evoは、フィンランドの大きな都市から簡単にアクセスできますが、森の真ん中にいる感覚が楽しめる場所です。簡単なトレイルや、もっと長いハイキングを楽しみましょう。Evoの森には、ヘラジカ、オオヤマネコ、ビーバーなど野生動物が生息しています。また、釣りにも最高です。家族全員でアドベンチャーが楽しめます。

オウランカ国立公園

オウランカ国立公園で、水の力強さを観察してみてください。吊り橋をわたると、フィンランドでもっとも印象的な滝にたどりつきます。勢いよく飛び跳ねる野生のブラウントラウト、水に飛び込むムナジロカワガラス、沼地の美しさ、カリプソなど、経験を積んだネイチャーフォトグラファーでもなかなか撮影できない自然が観察できます。オウランカには300mから82kmまでの様々なトレイルや、難関の岩の壁、観察塔などがあります。オウランカヨキ川のカヌーコースは、初心者でも経験者でも楽しめます。

レポヴェシ国立公園のキツネのトレイル(3時間)

レポヴェシ国立公園でのガイド付きハイキング。 公園で一番人気のルート、キツネのトレイルを歩きます。ハイキングをしながら、ガイドがフィンランドの自然について説明します。ピクニックを用意しながらフィンランド料理も習います。 フィンランドの自然に親しめるツアーです。 ハイライト: 吊り橋 キャンプファイヤーピクニック フェリー ハイキングでは5kmの簡単なコースを歩きます。

サラマヤルヴィ国立公園

ペウラン・ポルクで、トナカイのひづめの後を追ってみましょう。珍しい動物たちに遭遇するかもしれません。松林や沼地、魚が生息する湖など、多様な大自然が楽しめます。コイラサルミの施設を起点に大自然を楽しみましょう。

ウルホケッコネン国立公園

ウルホケッコネン国立公園の広い丘と深い森で、北部の大自然を体験しましょう。国立公園では、ハイキングやデイトリップなど、様々なアクティビティが楽しめます。丘の上の小屋で、大自然の中の静けさとやすらぎを感じてみましょう。

リエスヤルヴィ国立公園

コルテニエミ・ヘリテージファームで1日を過ごし、フィンランドの田舎での昔の生活に親しみましょう。農場の雑用を手伝ったり、羊を数えたり、太陽の下で干し草を作りましょう。昔の小作人の道を歩いて、森や湖の景色を楽しむこともできます。

南コンネヴェシ国立公園

南コンネヴェシ国立公園の湖沼では、氷河期に形成された岩のある島の迷路をボートやカヌーで楽しめます。湖で泳ぐ天然のマスが見えるほど、その水は澄んでいます。国立公園は、すばらしいコントラストにあふれています。ハーブの咲き乱れる森から、すばらしい風景が見られる高い崖までトレッキングが楽しめます。

パッラス・ユッラストゥントゥリ国立公園

ラップランドの山でヨーロッパで一番きれいな空気を楽しみましょう
フィンランドで最初のハイキングトレイルに沿って北極圏の山を抜け、丘から丘へトレッキングを楽しみましょう。ハイキングやスキーの楽しみに加え、快適に泊まれる宿泊施設も見つかります。このエリアでは、ヨーロッパで一番きれいな空気も楽しめます。暗い夜には、神秘的なオーロラが現れるかもしれません。ビジターセンターでは、みなさんが最高に美しい場所を体験できるよう、旅の計画をお手伝いしています。標識のついた様々なトレイルがあります。

ラウハンヴオリ国立公園

ラウハンヴオリの丘で、見晴台に登り、ボスニア湾まで広がる森に覆われた低地のパノラマのような景色を楽しみましょう。斜面の森を見れば、氷河期からの地形の変化が見て取れます。冬には、整備の行き届いたスキーコースが利用できます。

ロクア国立公園

ロクアのエスカーや、砂丘、釜状凹地からは、氷河期時代の痕跡が簡単に見て取れ、フィンランドで最初にユネスコのジオパークに指定された場所です。家族連れでも楽しめる森のある砂丘に広がるトレイルでは、林床が銀色の地衣類に覆われています。釜状凹地が公園中に広がっています。

ヘルヴェティンヤルヴィ国立公園

国立公園では、地殻の壮大な活動によって何百万年も前に形成された地形が観察できます。ヘルヴェティンヤルヴィ(地獄の湖)のごつごつとした崖やヘルヴェティンコル(地獄の穴)を見学した後は、ハウカンヒエタの砂浜でリラックスしましょう。