VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

ウツヨキ自然インフォメーションハット

ウツヨキ自然インフォメーションハットは、ウツヨキの中心に位置しています。サーモンで有名なテノヨキ川の情報を提供しています。フィンランドとノルウェイの国境を流れる川は、北ラップランドの素晴らしい自然を楽しむ釣り人や旅行客に人気です。ウツヨキ自然インフォメーションハットでは、ケノ厳正自然保護区や近隣の大自然など、ウツヨキ地区のハイキングの情報も提供しています。ウツヨキ地区の自然は、まさに独特です。 

ロクア国立公園

ロクアのエスカーや、砂丘、釜状凹地からは、氷河期時代の痕跡が簡単に見て取れ、フィンランドで最初にユネスコのジオパークに指定された場所です。家族連れでも楽しめる森のある砂丘に広がるトレイルでは、林床が銀色の地衣類に覆われています。釜状凹地が公園中に広がっています。

ハメーンカンガスの尾根と沼地

広大なハメーンカンガスの尾根と周辺の沼地では、自然が満喫できます。松の木に覆われた尾根と地衣類が生えた原野の森の風景がを楽しみましょう。隆起した沼地や泉が点在しています。 ハメーンカンガスの変化に富んだ地形は、ハイキングを楽しむのに最高の場所です。ヤミヤルヴィ湖や森のすばらしい景色が眺められる場所もあります。

ユートゥア川でフィッシング

ユートゥア川は、イナリを通り抜けイナリ湖に注ぎます。イナリ湖とソロヤルヴィ湖の間をつなぐ12kmの川です。素晴らしい環境に加え、ユートゥア川は、国内でも有数のフライフィッシングが楽しめる場所です。イナリ湖から遡上してくるブラウントラウトで有名です。カワヒメマス釣りにも最高です。

セイッツエミネン国立公園

コヴェロの歴史的な農場を訪ねて、昔の小作人たちが、辺境でどうやって生計を立てていたのかを見てみましょう。セイッツエミネン国立公園の動物や植物に親しみましょう。フィンランドの辺境に昔からある森、湖、湿地を探索するのに最高の場所です。

ウルホケッコネン国立公園

ウルホケッコネン国立公園の広い丘と深い森で、北部の大自然を体験しましょう。国立公園では、ハイキングやデイトリップなど、様々なアクティビティが楽しめます。丘の上の小屋で、大自然の中の静けさとやすらぎを感じてみましょう。

リンナンサーリ国立公園ミサゴツアー

ミサゴツアーでは、リンナンサーリ国立公園に行って美しい鳥や鳥の巣を観察します。途中カールネトゥサーリに立ち寄り、キャンプファイヤーを囲んでコーヒーとおやつで休憩します。

サイマーワモンアザラシツアー

サイマーワモンアザラシは、サイマー湖にだけ生息する希少動物です。アザラシが岩の上に横たわっていることが多い初夏は、ワモンアザラシが見られるベストシーズンです。チャーミングな木製ボートでリンナンサーリ国立公園に向かいます。ワモンアザラシだけでなくミサゴも観察できます。ツアーの後はカールネトゥサーリ島でコーヒーとスナックを楽しみます。

レポヴェシ国立公園のキツネのトレイル(3時間)

レポヴェシ国立公園でのガイド付きハイキング。 公園で一番人気のルート、キツネのトレイルを歩きます。ハイキングをしながら、ガイドがフィンランドの自然について説明します。ピクニックを用意しながらフィンランド料理も習います。 フィンランドの自然に親しめるツアーです。 ハイライト: 吊り橋 キャンプファイヤーピクニック フェリー ハイキングでは5kmの簡単なコースを歩きます。

巨大なカヌーで国立公園を見て感じる

レポヴェシ国立公園で巨大なカヌーとハイキングのガイド付きツアー。 吊り橋を渡り、一番高い場所と氷河期に自然が形作ったシアターを訪ねます。 ツアーのハイライト: - わくわくする吊り橋 - フィンランドでの独特の巨大なカヌー - 岩窟壁画と自然のシアター - 自然に囲まれてキャンプファイヤーピクニック

アザラシツアーと自然観察

リンナンサーリ国立公園で、1996年からボートツアーと野生動物観察ツアーを催行しています。湖でのツアーでは、ネーチャーガイドが国立公園のベストスポットとサイマーワモンアザラシやミサゴが観察できる場所にお連れします。希少なサイマーワアザラシの観察にもっとも適しているのは5月から6月初旬です。オンラインあるいはツアー販売所でご予約ください。

イソ・シュオテでマウンテンバイク

イソ・シュオテと周辺は、自転車で自然を探索するのに最高の場所です。イソ・シュオテの丘にあるホテルからは、素晴らしい景色が見渡せます。ホテルを囲む国立公園には、標識のついた3つのマウンテンバイクコースがあり、新しいフェルト・マウンテンバイクで、様々な斜面や距離、難易度が楽しめます。快適な宿泊施設、おいしい食事、プール、サウナとジャグジーでリラックスしましょう。冬の間は、ファットバイクをお楽しみください。

ラウマ群島のボスニア海国立公園

ラウマ沖の国立公園には、30km以上の標識のついたトレイルがあります。海の自然と文化遺産が楽しめる場所です。ボート、クルーズ、バードウォッチングも楽しみましょう。 夏の間は、水上バスで簡単にアクセスできます。島で、夜を過ごすこともできます。

サラマヤルヴィ国立公園の大自然をハイキング

サラマヤルヴィ国立公園は、フィンランド南部にあるラップランドのような場所です。広大で人の住んでいないエリアは、多様性のある湿地の生態系と野生動物でよく知られています。GPSツアーは、コイラサルミネーチャーインフォメーションハットでの宿泊がついた5日間の自然体験ツアーです。 事前にセットされ、地図、コンパス、コース案内の役割を果たすGPSがガイドです。緊急時用の携帯電話、コースの地図と見所が分かる自然ガイドブックも含まれています。

ボスニア湾国立公園

ボスニア湾に広がる海が待っています。釣り小屋でのんびりしたり、猟師になった気分で窓から海を眺めましょう。北の海の岩だらけの島々にある礎石と漁網の乾燥棚が昔の生活の様子を見せます。冬の間は、北極海と海氷が観光客を引きつけます。趣味で釣りを楽しむ人にとっては、1年中釣りが楽しめる場所です。カラヨキの砂丘にあるカラヨキビジターセンターは、ボスニア湾を訪れる人々に人気の場所です。

ケヴォ厳正自然保護区

ケヴォ厳正自然保護区では、ラップランドの驚くほど素晴らしい景観が楽しめます。自然保護区は、ケヴォ峡谷と周囲の丘の風景を保護するために制定されました。ケヴォヨキ川の峡谷のような谷は、40kmにわたり、場所によっては80mの深さがあります。保護区内のその他の場所は、穏やかな峡谷がある丘になっています。ツンドラのような開けた広い沼地もあります。標識のついたハイキングコースが2つあります。ぜひ、お越しください。

リンナンサーリ国立公園 木造ボートツアー

チャーミングな木造ボートでリンナンサーリ国立公園とカールネトゥサーリ島を楽しみましょう。島には美しい木造のチャペルと1.2kmの自然遊歩道があります。希少動物サイマーワモンアザラシのビデオも鑑賞できます。パンケーキとソーセージをたき火で作って味わいます。

イナリハイキングエリアでフィッシング

イナリハイキングエリアへのアクセスは簡単で、家族連れや、釣りの初心者にもお勧めの場所です。Myössäjärvil湖エリアには、イヴァロとイナリの間にあり、古くからある森やたくさんの釣りができる湖 (Myössäjärvi、Mukkajärvi、Harrijärvi、Lentokonelampi) があります。トゥースラ湖も釣りやハイキングを家族全員で楽しめる場所です。湖では、ホッキョクイワナが釣れます。

アウランコ自然保護区

アウランコは、100年以上にわたり人気の旅の目的地です。自然保護区にある英国式の公園は、1883~1938年に造られたもので、フィンランドにおいて重要な建物と文化の歴史があります。アウランコ自然保護区には、美しい景色に加え、たくさんの見所があります。森の公園、アウランゴヴオリの見晴台からの景色は、国家的風景で、毎年40万人以上の人々が訪れています。デイトリップにお勧めの場所です。