ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

群島でひたすらリラックス

ブロガーのカップル、クロとクレムは、昨年の夏フィンランドを訪れ、ローカルのように本格的な群島生活を体験しました。フィンランドの休暇って?群島ではどんなふうにリラックスするの?クロとクレムが体験した美しいフィンランド群島でのリラックスアドベンチャーから、これまでになくのんびりしたスローホリデーのヒントを見つけましょう。

動画を見る

いらっしゃい

「フィンランドの家には、サウナがあるのよ…」

「76000の島がある世界最大のフィンランド群島を探索!」

動画を見る

ブルーベリー天国

ブルーベリーを摘んだり、キノコ狩りをするのに許可はいらないの…」

「ベンクトゥシャールの灯台は信じられないほど素晴らしい。帰りのボートに乗り遅れそうになったくらい…」
ビーチでテントサウナ
「ヌークシオ国立公園の森。」

動画を見る

夏の味を体験

「フィンランド群島の典型的な食べ物…」

Recommended Articles

フィンランドで最高にインスタ映えする場所10選

美しい国立公園からかわいい木造建築の村まで、思いがけず素敵な場所、フィンランドは写真家たちの夢の場所です。スクロールダウンして、フィンランドで最高にインスタ映えする場所10選をチェックしたら、撮影に出かけましょう!

もっと読む
恋人たちのラップランド

はるか北の地には、あまりにも素敵で恋に落ちてしまうような場所があります。パステルカラーの空、雪に覆われた木々、くつろげる隠れ家、かわいい毛むくじゃらの友達、フィンランドのラップランドで、誰にも邪魔されない人里離れた場所の魅力を探ってみませんか。

もっと読む
子供たちの群島

フィンランドの群島の海には50,000の島や小島があり、そのほとんどに1年中人が住んでいます。トゥルンマー群島の島の一つ、ロサラには140人が暮らしています。 コミュニティーの絆は深く、地元の学校の生徒は8人だけです。子供たちの環境にはまったく制約がありません。子供たちにとって、群島は果てしなく可能性が広がるパラダイスです。発育期を群島で過ごすということはどういう感じなのでしょうか。11歳の少年ヨハンの案内でロサラの子供たちと1日過ごしてみることにしました。ヨハンから群島の旅のヒントも聞きました。 …

もっと読む
アイススイミングの幸福感

アイススイミングに熱心なフィンランド人は何千人もいますが、ヘルシンキ出身のヨハンナ・ノードブラッドほど冷たい水の中に深く潜る人はいないでしょう。 痛みを軽減するために始めたことが、すぐに、氷の下への大胆な素潜りになったのです。元ダウンヒルのマウンテンバイカーは、スポーツは結果を出すことではないと確信しています。彼女をとりこにしたのは、ダイビングの後に感じる絶対的なやすらぎと幸福感で、それは初めての人でも熱烈な愛好家でも体験できるものです。     …

もっと読む
エイッカが語るフィンランドの究極の魅力

ガラスのように滑らかな湖面、葉緑素いっぱいの鮮やかな緑の白樺が生い茂る岸辺。夏の空気の爽やかさ。サウナから聞こえてくる子供たちの笑い声と融合する鳥のさえずり。そして再びやってくる冬の青い暗闇、足下できしむ雪、結晶になってコートの上に落ちる前に見える白い息。例を挙げればきりがありません。フィンランドの夏と冬は二つのまったく違う世界で、それぞれがまったく違った感覚をかき立て、特徴的な雰囲気を創り出します。クリエイティブな人々にとって、季節は際限のないインスピレーションの源です。 作曲家エイッカ・トッピネンは、世界で一番有名なフィンランドのミュージシャンの一人です。彼のバンド、アポカリプティカとその交響曲スタイルのヘヴィメタルは、1993年から人々の心をつかんできました。シポーの森に住むエイッカは、私生活においても様々な究極さとそのコンビネーションに魅力を感じています。 …

もっと読む
フィンランドでアウトドアアドベンチャー

現代生活では、多くの人が1日のほとんどを屋内や机の前で過ごしがちですが、休暇中にそんな週間を持ち込むことはありません。カレンダーに印をつけて、このリストを参考に究極の国、フィンランドで夢のアドベンチャーホリデーを過ごしましょう。

もっと読む