フィンランドの食

動画を見る

クール、クリーン、クリエイティブ-フィンランドの食文化の魅力を探りましょう

 

フィンランド人は何よりもシンプルで正直なものが好きです。食を含めて。

フィンランドの食にはおなじみの名前というものがありませんが、スカンジナビアの食とともに成功を収めています。すべてが、自然の中で見つかるピュアな食材を使うから始まります。余計なものがないほうがいいのです。食材とレシピに関しては、フィンランドの各地域に独自のおいしさと深く根ざした伝統があります。フィンランドは北にあって、東西が融合する場所です。

フィンランド人は、自分たちの食に夢中で、それを最大に楽しみたくてたまりません。私たちは、あくまでも自分たちの食のルーツに忠実で、地元の伝統を誇りにしています。最近、地産のものと伝統をもっともっと楽しむようになりました。いつもは控えめなフィンランド人ですが、自分たちの食に関する健全な誇りは隠しません。

ミシュランを受賞したレストランや地ビールの醸造所から、温かみのある家庭料理まで、フィンランドの食の魅力を探りましょう。

 

フィンランドの食はピュア

北にあるおかげで、フィンランドはクリーンで天然のまま、栄養価の高い食品が豊富な国です。長い夏の日とひんやりとした気温が、野生のベリーやキノコ、ハーブの香りと色素を一層高めます。野生のおいしいものが、空気や水がきれいな北の土地で成長します。実際、フィンランドには世界で一番汚れのない空気と水が存在します。
夏や秋になると、フィンランド人は広大な森と野原でこれらのおいしいものを探し回ります。そんなごちそうはフィンランド国内あちこちのレストランでも食べられます。フィンランドの自然の本格的な味を楽しみたいなら、新鮮な夏のジャガイモ、『北極圏の金』としても知られるクラウドベリーのジャム、コケモモのジュース、トウヒの若芽のパウダーをふりかけた朝のヨーグルトを試してみましょう。トウヒの若芽には、オレンジよりもたくさんのビタミンCが含まれています。

フィンランドの食は革新的

自然の食材が革新的に使われ、かしこまっていないのがフィンランドの食文化と料理の特徴です。それは、世界最高でもっともクリーンな食材への控えめながら意欲的で実質本位の取り組みです。長い冬と強烈な夏の生育期間のおかげで、風味と色が豊かになります。
現在、フィンランドは、食に関してヨーロッパで一番活気のある場所です。ミシュランを受賞した高級レストランから、より伝統的なレストランまでが、まるで秋に雨が降った後のキノコのように、フィンランドのあちこちで見つかります。新しいレストランが次から次へと誕生しています。食のイベントやフェスティバルもたくさん開催されています。
おいしい物好き、注目です!フィンランドをお見逃しなく!

フィンランドの食はまさにローカル

今日、フィンランドでは欲しいものは何でも買えますが、次にフィンランドを訪れるときは、地産のおいしいものを探して楽しみましょう。6、7、8月にフィンランド語で『tori(トリ)』と言われるマーケット広場に行ってみましょう。その存在すら知らなかったおいしいものや、おそらく世界で一番甘いイチゴや豆に出合えます。秋に森に行って、自然の中でベリーやキノコを摘むこともできます。『Jokamiehen oikeudet(ヨカミエヘン・オイケウデト』という自然享受権により許可されているものです。ガイド(またはガイドブック)と一緒に出かけて、最高のものが摘めるようにしましょう。自然は、自分が立ち入った前と同様ピュアでクリーンなままにして帰りましょう。
フィンランド滞在中は、異なる地域でそれぞれの地域のおいしいものを味わうのがおすすめです。ライ麦パン、カレリアパイ(フィンランド語で『karjalanpiirakka(カルヤランピ-ラッカ)』)、トナカイシチュー、パンチーズ、シナモンロール、オーランドパンケーキなどは、いつの時代も定番です。
フィンランド人は、冷凍、乾燥、発酵などの方法でさまざまな食物を冬に向けて保存します。食物の保存は昔からの伝統で、そうすることによって地産の食を1年中味わえます。レストランでも保存した小さな宝物を見つけることができるかもしれません。ためらわずに味わってみましょう!

ツアーとルート

フィンランドの食がテーマのおすすめツアー

もっと読む

フィンランドの食に関するおすすめの記事 :

フィンランドの昔ながらのブルーベリーパイがお好きなら?

レシピをどうぞ:

フィンランドのブルーベリーパイのレシピ(8人分)

パイ皮
バター 100g
砂糖 50cc
卵1個
全粒粉 100cc
小麦粉 100cc
ベーキングパウダー小さじ1


ブルーベリー 300cc
サワークリーム 200g
卵1個
砂糖 50cc
バニラシュガー 小さじ1

作り方
バターと砂糖をクリーム状に混ぜてから、卵に混ぜる。粉類を加え、混ぜてパイ生地を作る。底と横を覆うようにパイ型にパイ皮を広げる。均等になるようにブルーベリーを置く。サワークリーム、卵、砂糖、バニラシュガーを混ぜる。ブルーベリーの上に混ぜ合わせたものを加える。200 °Cのオーブンの下の段で30分焼く。パイの底が十分に焼けていないときは、オーブンのスイッチを切ってからそのまま5分置いたままにする。

こちらもお楽しみください

湖水地方の素敵な宿泊施設、カフェなど

フィンランドの湖水地方の青い景色に囲まれて、食事をしたり飲み物を楽しんだり、宿泊したりするのに最高の場所をご紹介します。

もっと読む
絶対訪れるべきフィンランドのアーティスト村 8

ペースを落として、フィンランドのアーティストの村で時をさかのぼって、興味をそそる意外な過去を探ってみましょう。

もっと読む
フィンランドでサステイナブルな旅をするための10のヒント

フィンランド旅行の環境にやさしい旅のヒントを探しているなら?よりサステイナブルなフィンランド旅行の10のヒントをお読みください。

もっと読む
フィンランドを好きになる21の理由

フィンランドとフィンランド人を好きになる理由はたくさんあります。すべてをリストアップすることはできないので、興味深くて楽しい事実をいくつか並べてみることにしました。お楽しみください!

もっと読む
24時間で楽しむヘルシンキ

たった24時間でも、フィンランドの首都に滞在すると、そのリラックスした雰囲気に引き込まれ、離れがたくなってしまうかもしれません

もっと読む
北欧に隠された魅力あふれる場所 - フィンランドでキャンプ

フィンランドの4つの地域には、歩いて、サイクリングをして、車で探索できるたくさんの見どころや音があります。フィンランドでのキャンプに関する初心者向けのガイドをお届けします。

もっと読む
湖水地方の素敵な宿泊施設、カフェなど 絶対訪れるべきフィンランドのアーティスト村 8 フィンランドでサステイナブルな旅をするための10のヒント フィンランドを好きになる21の理由 24時間で楽しむヘルシンキ 北欧に隠された魅力あふれる場所 - フィンランドでキャンプ フィンランドの食 ヘルシンキ ヘルシンキはフィンランドの首都で、現在食文化が盛り上がりをみせています。北欧料理やスカンジナビアスタイルの料理を出すレストランがこの傾向を先導しています。それらのレストランはすべてクリーンで地産の食材と季節の料理に情熱を持っています。その他にもぜひ行ってみるべき場所は、街の中心にある昔ながらの古いレストランです。ヘルシンキについてもっと読む。 





 



 
 


 Open larger map ラップランド ラップランドは究極の場所です。極寒で暗い冬が終わりのない日と真夜中の太陽が特徴の夏に変わります。厳しい気候条件が真に特別な自然を育んでいます。クラウドベリー、トナカイ、地衣類、その他のワイルドフードは、ラップランドの味です。ラップランドについてもっと読む。 





 



 
 


 Open larger map 湖水地方 『千の湖のある国』というフィンランドのニックネームの由来になった湖水地方は、おいしいものやピュアな湖、魚、緑の森で有名です。森に覆われ、狩猟とジビエが深く根を下ろす場所です。ワイルドフード、ベリー、キノコは、そんなごちそうに何らかの形で含まれています。パンと象徴的なカレリアパイも、湖水地方の文化に深く根付いています。湖水地方についてもっと読む。 





 



 
 


 Open larger map 沿岸と群島 沿岸と群島の人々は、いつも海辺で暮らしてきました。世界で一番島の多い群島には、すべて地域ごとに特徴のある何千もの魚料理とシーフード料理が存在します。しかし、ニシンのマリネと群島の黒パンは全国で手に入ります。有名で最高においしいオーランドパンケーキもぜひ食べてみてください。沿岸と群島についてもっと読む。 





 



 
 


 Open larger map サイマー・ガストロノミーツアー ツアーを見てみる 南フィンランド醸造所と蒸留所ツアー ツアーを見てみる カレリア・ア・ラ・カルト・ツアー ツアーを見てみる フィンランドのおいしいもの 記事を読む ヘルシンキのレストラン マイ・ヘルシンキのサイトへ スローフード フィンランド 記事を読む フィンランドのワイルドフードの専門家 記事を読む お手頃なものから高級店までラップランドのユニークなレストラン 5 記事を読む フィンランドの森の恵み 記事を読む フィンランドを味わう Finland.fiのサイトへ マイ・ステイで食に関する商品を見てみる