フィンランドの夏の家のルール

フィンランド人にとってコテージは神聖な場所で、サマーコテージと結びついた夏の儀式はフィンランド人の心の一番中心にあるものです。

遠く離れた群島の海の小島でも森の湖畔でも、コテージとは自然と結びつき静寂の音を聞き、日常から離れる場所です。

基本的なキャビンから夏のヴィラまで、フィンランドには50万以上のコテージがあります。ほとんどのフィンランド人にとって、典型的な体験はシンプルさの中にあります。昔ながらのフィンランドのコテージ kesämökki には現代的なアメニティがほとんどありませんが、心と体を癒やすために本当に必要なものはすべてそろっています。水道や屋内配管、電気などがないところもありますが、サウナはほぼどんな夏の家に欠かせないもので、サウナがあるからこそフィンランドの文化と北欧のウェルネスに溶け込むことができるのです。

フィンランド語でmökkielämäと言われるコテージライフの中心は、スローな生活と大地をやさしく踏みしめることと同等です。サマーコテージを訪れる機会があったら、知っておいた方がいいことをまとめてみました。「フィンランドの夏の家のルール」と呼んでもいいかもしれません。

フィンランドについて

四季、白夜と極夜、都市部といなか、東と西 - 魅力あふれるコントラスト

フィンランドについて