Skip to main content.

ヘルシンキ近郊

エイッカが語るフィンランドの究極の魅力

ガラスのように滑らかな湖面、葉緑素いっぱいの鮮やかな緑の白樺が生い茂る岸辺。夏の空気の爽やかさ。サウナから聞こえてくる子供たちの笑い声と融合する鳥のさえずり。そして再びやってくる冬の青い暗闇、足下できしむ雪、結晶になってコートの上に落ちる前に見える白い息。例を挙げればきりがありません。フィンランドの夏と冬は二つのまったく違う世界で、それぞれがまったく違った感覚をかき立て、特徴的な雰囲気を創り出します。クリエイティブな人々にとって、季節は際限のないインスピレーションの源です。 作曲家エイッカ・トッピネンは、世界で一番有名なフィンランドのミュージシャンの一人です。彼のバンド、アポカリプティカとその交響曲スタイルのヘヴィメタルは、1993年から人々の心をつかんできました。シポーの森に住むエイッカは、私生活においても様々な究極さとそのコンビネーションに魅力を感じています。 …

もっと読む
フィンランドでオススメのミュージアム10

フィンランドでは、アーティストによる実験的で独創的なものから商業ギャラリー、主要な美術館まで、様々な現代アートが楽しめます。3000人を超えるプロのビジュアルアーティスト、55以上の美術館、なんともたくさんのアートギャラリーがひしめきあっています。フィンランドには、50人以上の外国人アーティストが住んでいて、世界でもその割合が一番高いと言えます。

もっと読む
ヘルシンキでショッピング

ショッピングは旅の楽しみの1つだと言う人も多いのではないでしょうか?コンパクトで活気ある街、ヘルシンキにはショッピングの楽しみも凝縮されています。

もっと読む
フィンランドの木造建築の街

たくさんの森があるフィンランドでは、前世紀までほとんどの建物が木造でした。田舎には、今でも街の建物すべてが木造建築の地域があり、何百年にもさかのぼる昔のままの雰囲気が感じられます。そんな街を訪ねてみると、フィンランドの歴史が保存されたタイムカプセルの中に入ったような気分がしてきます。

もっと読む
ヘルシンキでヴィーガン料理

ヴィーガン(完全菜食主義)は、現代社会の大きな動向の一つで、フィンランドも例外ではありません。スーパーマーケットには、興味深い植物性の新商品が並び、ヴィーガン料理が食べられるレストランも増えてきました。フィンランドの輸出製品ナンバー1が、プルドオーツ(オート麦)になる日も近いかもしれません。本当に! フィンランドの首都ヘルシンキは、この動向の最先端にあります。ヴィーガン料理だけというレストランはまだまだ少ないものの、多くのベジタリアンレストランで、完全菜食の食事が食べられるようになっています。さらに、ほとんどのモダンなレストランでは、ヴィーガン料理がメニューに加えられています。完全菜食主義の人も、そうでない人も一緒に食事できる場所があるというのはうれしい限りです。 ヘルシンキでヴィーガン料理が楽しめるお勧めのお店を紹介します! by Olli Oilinki & Katja Karjalainen …

もっと読む
フィンランドのマイクロブルワリーと蒸留所を巡る

世界中でクラフトビールの醸造と蒸留酒のルネサンスが起こっていますが、フィンランドも独自のブランドで名をあげています。厳選したお酒を少量ずつ職人技で製造する醸造所と蒸留所は、地域の食の伝統を保存しようとするスローフードの流れとも調和しています。過去とその開拓精神を忘れることなく、フィンランドでは、郷愁と冒険心をかきたてるユニークなお酒が製造されています。

もっと読む
エイッカが語るフィンランドの究極の魅力 フィンランドでオススメのミュージアム10 ヘルシンキでショッピング フィンランドの木造建築の街 ヘルシンキでヴィーガン料理 フィンランドのマイクロブルワリーと蒸留所を巡る