サステナブルなフィンランドデザイン

フィンランドにおいてデザインは気持ちに相当するもので、すっかり日常生活の一部になっています。それは不朽の美しさ、サステナビリティ、自然界との調和を大切にする生活様式です。

フィンランドで最も有名な建築家でデザイナーのアルヴァ・アアルトは、かつて、「形には中身が伴っていないければいけないし、中身は自然に繋がっていなければいけない」と述べています。アアルトは形と機能を同等に扱い、フィンランドの風景からインスピレーションを受けていました。彼は周囲の環境にある形や色彩からインスピレーションを得て、美しいものと住みやすい空間を創り上げました。アアルト独自の有機的モダニズムは、デザインと建築に人間味をもたらしたことで、初期モダニズム運動においてフィンランドを際立たせ、それゆえフィンランドは今日でもデザイン文化の中心にとどまっています。

フィンランドについて

四季、白夜と極夜、都市部といなか、東と西 - 魅力あふれるコントラスト

フィンランドについて