群島でサイクリング

フィンランドの西部の海岸沿いには、この国で最も美しく、独特の雰囲気をもつ観光スポットがあります。氷河期時代に形成されたトゥルクの群島エリアには、大小2万以上もの島があるのです。

この一帯が、船乗りたちに人気があるのは、当然とも言えますが、たくさんの島が点在しているため、トゥルク群島を陸路で巡ることもできるのです。

この群島ルートは、フィンランドで最も人気のある観光ルートの一つです。5月から9月にかけての夏の季節には、車やバイク、自転車などで2万人以上の人がやってきます。道路のことよりも、道と道とをつなぐフェリーのネットワーク情報の方がしっかりと提供されているくらいです。陸路が160-190キロメートルなのに対し、ひとつの島と別の島をつなぐ横断路は、選ぶルートによって変動しますが、30-50キロメートルほどになります。

群島と沿岸エリア

木造建築の並ぶ古くからの街並み、歴史的なマナーハウス、石造りの灯台、海と陸にまたがる国立公園、島々を結ぶフェリー、そして様々な海の生き物や野生動物が特徴の地域です。

群島と沿岸エリア