フィンランドの森の恵み

フィンランドは、機能性食品や健康増進食品の開発で世界を牽引する国と考えられていますが、同時に、栄養豊かな自然食品が豊富な国でもあります。「スーパーフード」の宝庫なのです。

フィンランドでとれる、おいしくて、栄養豊かな食べ物について強調したいのは、それらが、ほぼただで手に入り、野生で育っているモノだということ。フィンランドの森は、自由に歩き回って好きなモノを採取してよいのです。自然享受権と野生育ちという条件が組み合わさり、栄養価の高い食べ物を探すのは、ハイキングの楽しみの一つにもなっています。白夜の夏に熟れる野菜や果物、特にベリー類は、とてもおいしいものです。フィンランドで採れるベリーや果物は、他国で育つものに比べ小粒のものが多いのですが、甘味やビタミン、フラボノ成分が凝縮されています。フィンランドの広大な森には何種類ものベリーやキノコ、新鮮なハーブなどが育っているのです。

果てしない静けさにひたる

多忙な現代生活において、スペース、静寂、そして時間はとても価値のあるものです。呼吸できるスペース、夢を見る時間 … たくさんの湖があり、人の少ないフィンランドで見つかります。

果てしない静けさにひたる