• フィンランド料理

    Kick back and taste the freshness of the North.

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • サーミの世界へ

      サーミの世界へ

      北ラップランドでは、1年を通して実にいろいろなアウトドア、インドアのアクティビティーが楽しめます。そのほとんどはEU諸国で唯一土着の民族サーミの固有の文化と密接に関係しています

    • レストランデイ

      レストランデイ

      レストランデイは、およそ2年前にフィンランドから始まり、回を重ねるごとに益々「街角レストラン」の様相を呈しながら世界へと拡がりっています。一番楽しい即席レストランを見つけられるでしょうか?

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

フィンランド料理

フィンランドの食文化は、世界的に有名ではありませんが、ローカル・フード、スローフードという食用語を使うことができる料理です。フィンランド料理を彩る季節の食材、地元産の新鮮な食材は、沿岸部、内陸部、北部から南部の都市部までフィンランド全土に散らばっています。

フィンランド人は、もともと狩猟民族であったため、伝統的にフィンランドのほぼ全域を覆う森や湖から得られるもので生きていました。その習慣は、今日にもつながっています。大型哺乳類のトナカイやヘラジカ、ライチョウのような狩猟鳥、海水や淡水に生息する魚はごちそうです。ごちそうは、ジャガイモや野菜に新鮮なベリーを添えて提供。こうした食材に含まれる栄養分は、おしゃれなディナーや力仕事をする人たち向けのしっかりとしたランチとなって取り込まれます。

スーパー・フード・マーケット

森に豊かに実る果実であるベリーを摘むベリー摘みは、フィンランドの国技と呼んでも過言ではありません。ベリーはデザート、ジャム、ジュースとして食すほか、ベリー摘みの季節には、新鮮なベリーをそのまま楽しみます。イタリアの人たちは、自国のイタリア料理を自慢しますが、フィンランドでは、あらゆる種類のキノコが採れる秋が自慢です。生きるために食べるのか、それとも、食べることを楽しむために生きるのか、地球北部の新鮮な食をぜひお楽しみください。Hyvää ruokahalua! (ヒュバー・ルオカハルア!どうぞ、お召し上がりください!)

ディレクトリからさらに