フィンランドの食文化

世界的に有名というわけではありませんが、フィンランドには活気のある食文化が存在します。国中に広まったローカル・フード、スローフードという言葉が、その特徴を表しています。フィンランド料理を彩る季節の食材、地元産の新鮮な食材は、沿岸部、内陸部、北部から南部の都市部までフィンランド全土で見受けられます。

フィンランド人は、もともと狩猟民族であったため、伝統的にフィンランドのほぼ全域を覆う、森や湖からとれるものを食べてきました。その慣習は、今も変わってはいません。大型哺乳類のトナカイやヘラジカ、ライチョウのような狩猟鳥、海水や淡水に生息する魚は、いつの時代でもごちそうです。 ジャガイモや野菜に新鮮なベリーを添えて出されるごちそうは、おしゃれなディナーにもなれば、力仕事をする人たち向けのしっかりとしたランチにもなるのです。

躍動するカルチャー

フィンランド文化や生活はコントラストが特徴です – 例えば、 熱いサウナから氷の張った湖へ走ったり、そのコントラストを存分に楽しむのです。

躍動するカルチャー