フィスカルスとビルナス

海辺の街、ラーセポリ(Raasepori)近郊の、かつて鉄工所があった2つの村。現在では、夏にやってくる人々が、趣のある風景、芸術、デザイン、骨董品、素朴な宿泊施設を楽しんでいます。

ヘルシンキから、車でわずか1時間の場所にあるそれらの村。かつては鉄工の街だったフィスカルスは、歳月を経て、また息吹を吹き返し、職人やデザイナー、アーティストのコミュニティが、暮らしながら作品を作る場所となりました。また、チャーミングな美術館、カフェ、B&B、1800年代創業のホテルなども、多くの人々をひきつけています。 毎年夏になると、元鉄工所を会場に、美術展が開催されるようになり、国中で最も人気のある展覧会の一つへと成長しました。この展覧会に行くのは、多くのアート好きにとって毎夏の恒例となっていて、一度に100人近いアーティストが集まることもあります。フィスカルスから車でわずか10分のところにある、ビルナスの鉄工所跡も、立ち寄る価値のある場所です。ここで年1回開かれる夏の骨董品市は、フィンランド中で知られており、骨董品の専門家が役に立つ買い物のコツを教えてくれます。

群島と沿岸エリア

木造建築の並ぶ古くからの街並み、歴史的なマナーハウス、石造りの灯台、海と陸にまたがる国立公園、島々を結ぶフェリー、そして様々な海の生き物や野生動物が特徴の地域です。

群島と沿岸エリア