• 氷の建築

    冷たい炎

    不滅のサンタとトナカイ。とりあえず夏が来るまで。

  • スウェット・ロッジ

    氷のサウナはフィンランド人にも珍しいものです。

  • 素敵な食事

    アイスレストランにはドレスコードがほとんどありません。でも念のために、保温性の高いオーバーオールの下にスマートカジュアルを着ているとよいでしょう。

  • 愛を込めて戸惑う

    ライニオのスノービレッジのチャペルは、静かなひとときと珍しい結婚式の温もりのある舞台をご用意しています。

  • 入る勇気ありますか?

    大きな雪の城はそれそのものが冒険です。

  • 氷の大聖堂

    フィンランドのランドマークのもう一つのレプリカ。今回はヘルシンキ大聖堂。

  • 兄弟の門番

    ヘルシンキ駅に行ったことがあれば、この人たちになじみがあるはずです。

  • 門前にて

    レヴィの氷のワンダーワールドをプロの中国人が彫りました。中国の神秘的な雰囲気とラップランドの魅力を融合した作品です。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • スノーモービルに乗る男・ユッシ

      スノーモービルに乗る男・ユッシ

      フィンランドの形を地図で確認してみてください。この国がなぜ、「フィンランドの乙女」と呼ばれているのか、すぐに分かると思います。フィンランドで、海抜が1,000メートル以上の場所があるのは、乙女の親指の先の部分だけなのです。そんな場所にあるのが、キルピスヤルヴィという小さな村で、そこに年間を通じて住んでいるのは、およそ100人ほど。
      そのうちの一人が、スノーモービル・ガイドをしている、25歳のユッシ・ラウハラなのです。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

氷の建築

氷や雪を彫って作る精巧な像の作品は、その多くは、おとぎ話やファンタジーを題材にしてます。ご自身の目で見るとそれが本物だと信じることができるかもしれませんが、少なくとも非凡さが感じられます。

フィンランドでは、雪や氷で建物を作る場合でも材料が不足することはありません。このため何を製作するにも制限はありませんし、できあがったものの大きさや細かさはしばしば見る人を感動させます。

雪のホテル、氷のバー、イグルー・・・そして、氷のサウナ?

もっと大きな建物はフィンランド北部、すなわちラップランド地方に置いてあります。ICIUM-レヴィの氷のワンダーワールドは、テーマパークとアートギャラリーの中間のような施設です。一方でライニオのスノービレッジやケミの雪の城では宿泊施設、氷のレストラン、バー、チャペルなどが他のアトラクションとともに建造されます。

多くのホテルが自前でイグルーを建て、お客様に本物の北極圏内でのエキゾチックな宿泊体験を提供しています。また冬になると氷のサウナ(正真正銘の矛盾語ですが)がフィンランド中に建てられます。

真っ白な遊び場

雪のすべり台や、子どものためのその他の遊びのアトラクションは、すべての大きな氷と雪の建築物としては珍しいものではありません。そして、大人がそれらのアトラクションを楽しんでいる姿もよくある光景です。建築用の雪は、一般的にはその建造物を建てる場所の近くから運ばれて来たものです。

氷のブロックは湖やボスニア湾から運ばれてきます。重たくてたいへんな仕事は機械が行い、熟練した彫刻家が細かいところまで合わせるように手を入れます。

 

カテゴリー:
ラップランド

ほんの数分でスキーリゾートや都会の喧騒を離れて、平和で静かな自然へと到着します。

ラップランド
ディレクトリからさらに