クマとの遭遇

フィンランドで森に出かけても、クマに会って驚愕するようなことは、ほとんどなくなってきました。しかし、ツアーに参加して、クマの写真を撮りたいと思っているなら、フィンランド東部の国境付近の、深い森の中が一番です。

フィンランドの森には、1500頭ものヒグマが生息していると言われています。フィンランド内ならどこでも、ヒグマに遭遇する可能性はありますが、実際、クマたちは、人間と出会うのを必死で避けているのです。しかし、4月から9月までの間に行われる、クマ観察ツアーに参加すれば、ほとんど毎回、クマに遭うことができるでしょう。(ただし、あくまでも野生動物なので、予測は不可能。少なくとも、森の中で2,3晩過ごすようなプランを立ててください。)

ヒグマは非常に大きくて、鹿やヘラジカなどを餌にしていています。成長したオスのヒグマにいたっては、体重が300キロになることもあります。その反面、かわいらしいところもあり、夜の森の中で、ヒグマの様子を観察する体験は、自然愛好家にとって、忘れられない思い出になるでしょう。

フィンランドについて

四季、白夜と極夜、都市部といなか、東と西 - 魅力あふれるコントラスト

フィンランドについて