• 極光―キツネが飛び散らせる火花?

    オーロラ 自然を超えた自然現象体感。

  • オーロラは、言葉で表すことができない不思議な体験。

  • キツネの尻尾が雪原に触れ、飛び散った火花が天空に舞い上がる。

  • イグルー村カクシラウッタネンのガラスのイグルーで夜を過ごせば、温かで快適に夜空を楽しめます。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • オーロラを探し求めて

      オーロラを探し求めて

      フィンランドは、地球上で極光(オーロラ)を見るのに最も適した地点の一つです。フィンランドのラップランドでは、年間200日以上オーロラが出現します。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

極光―キツネが飛び散らせる火花

オーロラはどのようにしてできるのでしょうか。キツネが北極圏の丘を走るとき、尻尾が雪原に触れ、それが火花となって巻き上がり夜空に光となって表れるとサーミの伝説では伝えられています。フィンランド語のレヴォントゥレット(revontulet)この伝説から生まれた言葉で「狐火」という意味です。

科学的にこの現象を説明すると「太陽風が地球に向かって吹き込み、磁場を持った大気圏内でエネルギーが発生し、それが光となる」となるでしょうか。

オーロラは、年間200夜フィンランドのラップランド上空に現れます。北部へ向かえばオーロラを見ることができるチャンスが広がります。サーリセルカ(Saariselkä)やキルピスヤルヴィ(Kilpisjärvi)、イナリ(Inari)などの他、北部ラップランド地域がフィンランドではおすすめの場所です。ヘルシンキなど南部でも、街から離れれば年間20夜ほどオーロラを見ることができます。

 

 オーロラは、いつ、どうすれば観られるのか?

オーロラを見るためには、暗闇であることと、快晴であることが条件です。ちょうど、晩秋から冬、早春(9月から3月頃)が最も適した時期にあたります。時間帯としては、真夜中前後2時間くらい。一度出現すると、短くて20秒、長ければ数時間続きます。

 

「オーロラは約束されている。でも、いったいどこに?」

現代の技術装備を駆使しても、オーロラの光がいつどこに表れるかを予想することはできません。オーロラの出現一回ごとが特別なもので、梱包されて提供される現象ではないのです。表れる光は、あちらだったり、こちらだったり。太陽と地球が織りなすショーで、一回ごとが唯一無二。キツネの動きは謎に包まれていますから。

Lapland

わずか数分離れれば、スキーリゾートの喧騒やにぎやかな街から離れ、静寂に包まれた大自然の中に身を置くことができます。

詳細はこちらへ