オーロラ - キツネが飛び散らせる火花?

オーロラは、どこから現れるのでしょうか?サーミの伝説によれば、キツネが北極圏の丘を走るとき、尻尾が雪原に触れ、それが火花となって巻き上がり、夜空に光となって現れるのだとのこと。オーロラがフィンランド語で、「狐火」を意味するレヴォントゥレット(revontulet)と呼ばれのは、そんな伝説に由来しているのです。

科学的に説明すると、「太陽風が地球に向かって荷電粒子を吹き込み、大気圏に衝突すると、エネルギーが発生し、それが光となる」現象です。 オーロラは、年間で200夜、フィンランドのラップランド上空に現れます。北へ行けば行くほど、オーロラを見られる可能性が高くなります。サーリセルカ(Saariselkä)やキルピスヤルヴィ(Kilpisjärvi)、イナリ(Inari)を始め、北部ラップランド地域が、オーロラ鑑賞におすすめの場所です。また、ヘルシンキなど、フィンランド南部でも、街の明かりから離れた場所であれば、年間20夜ほどオーロラを見ることができます。    

 

オーロラは、いつ、どうすれば観られるのか?

オーロラを見るためには、十分に暗いこと、空が澄んでいることが必須なので、晩秋から冬、早春(9月から3月頃)が最もよい時期にあたります。時間帯としては、真夜中前後1-2時間くらい。一度出現すると、短くて20秒、長ければ数時間続きます。

 

オーロラの出現は予測できる?

現代の技術を駆使しても、オーロラがいつどこに現れるかを予測することはできません。オーロラの出現は、予測できないからこそ、さらに神秘的なのです。太陽と地球が織りなす光のショーは、その度ごとに唯一無二なものです。まるで、キツネの動きのようにミステリアスなのです。

ラップランド

ラップランドではスキーリゾートや街の喧騒とありのままの大自然の静けさの切り替えがあっという間にできます。

ラップランド