ムーミンに会いに行こう

フィンランドと言えばムーミンというくらい、ムーミンは、フィンランドを象徴するものとして、一番、もしくはサンタクロースに次いで二番目に有名で、人気のある存在です。

白くて、まるでカバのようなムーミンは、作家であり芸術家であるスウェーデン語が母語のフィンランド人トーベ・ヤンソンが1940年代に創り出したフィンランド文学のキャラクターです。ムーミンは、コミックスと本で人気を集めた後、パペットアニメーションや、日本の漫画となって世界へと広がりました。

フィンランドの航空会社フィンエアーは、ファミリー向けの旅行商品とサービスにムーミンのキャラクターを採用しています。世界でたった一つにムーミン美術館は、タンペレにあります。あちこちにかわいいムーミンカフェがあり、フィンランドを代表する陶器メーカー アラビアのムーミンマグはたいていどの家庭にもあります。

フィンランドでムーミンが楽しめる場所をリストアップしました。たくさんありますよ!