ミッドサマー – 静かに過ごす?それとも賑やかに??

ミッドサマーはフィンランドの重要な国民の祝日です。もともと夏至をお祝いするもので、都市部を離れ、サマーコテージで、パーティーをしたり、のんびりしながら、友達や家族と過ごすのが一般的です。

ミッドサマーは暖かい夏が始まる日だという認識もあり、その前日から夏の休暇に入る人も多いのです。6月後半の夏の到来を祝うこの時期、フィンランドの北部では、真夜中でも太陽が沈みません。また、南部でも夜が暗くなるということはなく、国中どこでも白夜になるのです。

かがり火を焚いたり、サウナに入るのが、もっとも伝統的なミッドサマーの過ごし方ですが、最近ではコテージ滞在中に、バーベキューや魚釣り、ボートに乗ることなども、一般的なミッドサマーの過ごし方として定着してきました。昔はミッドサマーに子孫の繁栄や将来の伴侶を見つけるためのおまじないが行われました。ミッドサマーは結婚式の多い時期でもあります。