オーロラを見ながらうたた寝を

自然が繰り広げるもっとも壮大な光のショー、オーロラ。ガラスのイグルーや豪華なスイートルームまで、フィンランドではさまざまな場所からオーロラを楽しむことができます。

フィンランドのラップランドでは、1年のうち200夜、もしくは空が澄んでいる日の2日に1度の割合でオーロラが観察されています。スノーシューやクロスカントリースキー、犬ぞりなどに乗りながらオーロラを見に行くというのが典型的なものですが、身が引き締まるほど寒い冬空の下で、暗い空を見つめながらオーロラが出るのを待つのはちょっと…という人には、オーロラを見ながら、心地よく眠りにつける快適な場所があります。