• フィンランド群島の
    アーティスト 
    ペッレに会いに行こう

  • グナストランドはハンコの最もエキゾチックな場所です。海岸にある小屋はほとんどが夏の別荘として使われています。現在も漁のために使われている小屋もありますが、ほとんどがアーティストの個性的なスタジオとなっています。子供たちは砂浜で遊び、家族でのんびり船に乗り、カイトサーファーは半島の周囲を巡っていきます。

  • ペッレが言うには、グナストランドは常に望ましい環境だったわけではないようです。”このエリアはもともとは漁村で、町の中でも貧しい地域でした。赤い小屋は昔の釣り小屋で、漁師たちはそこに網などの漁の用具をつるして、夜になるとフラスコ瓶に入った冷たいものを飲みながら過ごしていました。”

  • 嵐はペッレのようなアーティストにとってありがたいものです。嵐が去った後に、海岸に打ち寄せた木や樹皮、近くを通過した船から捨てられたものを拾って、自然からインスピレーションを得たアートを描くのです。

  • “秋と冬に嵐がやってくると、私は外に出て、辺りを見回します。そこでアートになるものを見つけるのです。自然はもっとも偉大なアーティストです。”

  • ペッレの作品は、グナストランドの砂浜で、絡まった海藻から見つけ出した宝物です。彼の作品は近郊の町、エケナスのギャラリーに展示されています。ラッキーにも彼にビーチで会えたら、家に招待してもらえるかもしれません。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • トゥルク

      トゥルク

      夏の間は、タンゴ、音楽、シアター、芸術、デザインなど、さまざまなイベントやフェスティバルが開催され、トゥルクは、休みなしの盛り上がりを見せます。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

フィンランド群島のアーティスト - ペッレに会いに行こう

フィンランドが世界の穴場の1つならば、グナストランドは穴場中の穴場です。グナストランドに行ってみると、なぜ世界中の人々がここに来ないのだろうかと思うでしょう。と、同時にそうでなくてよかったと思うのです。

アーティストのペッレ・リンドストロームは生まれたときからずっとこの土地に住み、この島から得るインスピレーションは朽ちることがありません。

– グナストランドの海岸から海を見渡せば、ここが特別な場所であることはすぐにわかるでしょう。とても美しい場所、まさに小さなパラダイスなのです。

グナストランドへ

グナストランドに辿り着くのは容易ではありません。まずフィンランド最南端に位置する街、ハンコに向かいます。

そこから、グナストランドまではヘルカマという自転車で行くのが一番です。100年以上も前にハンコで生まれたこの伝説の自転車に乗れば、ビーチにも行けますし、時代を超える感覚を味わうこともできるのです。

穏やかに湾曲した半島の一番南の先まで行きましょう。そこには白い砂浜があり、赤い釣り小屋が完璧なまでに一列に並んで、 点在しています。

この風景が目に飛び込んで来たら、目的地に到着したということです。

ヘルカマを砂浜に止めたら、靴を脱いで秘宝、グナストランドを探検してみましょう。

夏の隠れ家・・・冬の物語

グナストランドはハンコの周辺の他の場所と同様、夏に訪れる場所と言われています。しかし、ペッレはそれを強く否定します。

– 嵐が来ても、冬でも、ここはほんとに素晴らしいんだ。

ペッレは彼の小屋の入り口に座り、嵐が来て海の水が彼の小屋まで押し寄せてきた様子を説明してくれました。

シンプルだからこそ美しい

地元の人にとっても、たまたま訪れた人にとっても、グナストランドは世界でも稀にみる美しい場所です。

赤い小屋に太陽が降りそそぐ様子や、砂を打つ波の音、バルト海の景色、夏も冬も、グナストランドには人々を招き寄せる魅力があるのです。

一度訪れたら、生涯忘れることのない場所です。

 

カテゴリー:
,

驚くほど美しい群島を擁するフィンランドの沿岸地域には、簡単に行けて魅力的な場所がたくさんあります。

More