ロヴァニエミ -北の文化の中心

ロヴァニエミは、フィンランドのラップランドの州都で、ちょっと変わった博物館が、たくさんあります。カラオケを大声で歌える博物館もあれば、デジタルのヘラジカを撃てる博物館もあります。この街はいろいろな芸術分野の活動も盛んで、独自の室内管弦楽団もあるほどです。

ロヴァニエミは、ラップランド州の南端を通る北極線の上にあります。人口6万人を抱える街は、北極線沿いでは最大の自治体です。サンタクロースが自らの郵便局を開設する場所としてこの街を選んだのも、不思議はありません。もちろん、サンタクロース婦人とトナカイ以外にも、ロヴァニエミには注目すべき文化財があります。

川沿いや街の周辺には、たき火でソーセージをあぶったり、屋外で軽食を楽しみたい人が、自由に使える差し掛け小屋が70カ所もあります。薪は国からの支給です。川の景観で一番印象的なのは、ヤトゥカンキュンッティラ(Jätkänkynttilä)橋で、夜ライトアップされた時の眺めは特に印象的です。

ラップランド

ラップランドではスキーリゾートや街の喧騒とありのままの大自然の静けさの切り替えがあっという間にできます。

ラップランド