サイマー湖でカヤック

地図でサイマー湖を見てみると大爆発の結果できた湖のような形をしています。まるで迷路のような形状のサイマー湖はカヤックやカヌーにに最適なのです。

サイマー湖の開放水域には海峡や島が点在しているので、この湖がフィンランドで最大、ヨーロッパでは4番目に大きな天然淡水湖だというのは信じがたいかもしれません。サイマー湖の風景はただひたすら素敵です。群島に囲まれているので波もほとんどなく、初心者でもカヤックを楽しむことができるのです。

 130の島からなる国立公園

サイマー湖でカヤックの人気スポットの一つ、リンナンサーリ国立公園(Linnansaari)には1ヘクタール以上のエリアを覆う130もの島があります。リンナンサーリには21のゲストハーバーがあるので、休憩をとるのも簡単です。休憩したくなったり、暖炉の火で温められたコーヒーを飲みたくなったらいつでも湖岸に向かいましょう。

サービスにも事欠きません!

国立公園の本島であるリンナンサーリは自然保護区であり建物もほとんどなく自然に影響を与えるものもほとんどありません。

とはいえ、サンマッコニエミキャンプ場(Sammakkoniemi)にはカヤックで旅する人たちが必要な宿泊施設や小さなお店、そしてフィンランドでは必須のサウナなどがそろっています。

誰もが楽しめること - アザラシを見つけよう

絶滅の危機にあるサイマーアザラシを見るにはリンナンサーリが世界で一番の場所です。

国立公園をざっと見てみたいという人には、2-3時間のガイド付きツアーもあります。

本格的にカヤックを楽しみたいなら、サイマー湖のほかの国立公園も含めて数日間のツアーがお勧めです。

湖水地方

湖水地方は陸地よりも湖水の面積が多い地域です。この地域の中心にはフィンランド最大の湖であるサイマー湖があります。湖岸にはいくつかの都市があり、湖は絶滅の危機にあるサイマーアザラシの生息地です。

より多くの

This information is financed by the Centre for Economic Development, Transport and the Environment (ELY) for the Häme region.

ディレクトリからさらに