サーミの世界へ

時計をはずして、息を飲むほど美しく広大なサーミの故郷を探検してみましょう。地元の人たちのお祭りやアクティビティーに参加して、彼らのライフスタイルを体験しましょう。1年を通じて体験できる「サーミ的なもの」をご紹介します。

サーミの人たちが住む北ラップランドでは、1年を通して、実にいろいろなアウトドア、インドアのアクティビティーが楽しめます。そのほとんどはEU諸国で唯一土着の民族、サーミの固有の文化と密接に関係しています。サーミはフィンランド、ノルウェー、スウェーデンの北部や、ロシアの北東部に住んでいます。フィンランドのサーミ人口は、約9,000人あまり。イナリ自治議会は、存続が危ぶまれているサーミの言語や文化の保存に取り組んでいます。1月末から2月初めにかけては、イナリのスカプマコーヴァト(Skábmagovat;原住民の映画とテレビ番組のフェスティバル)に行って、極夜の終わりを祝ったり、2月6日にはサーミの日をお祝いしましょう。夏には、7月にウツヨキのテノ(Teno)川で、サーモンフィッシング大会があり、8月には原住民の音楽の祭典、イヤヒ・イディア(Ijahis idja, 夜のない夜=白夜)や、ロシア正教徒のコルト・サーミ(Skolt-Sámi)が4つの村を練り歩くトリフォン(Triphon)の行進が行われます。